『初球』について球辞苑で語って欲しいレベル

 NHKBS1で放送している『球辞苑』ですが、あの番組が好きって人は多いんじゃないかなと思います。毎回、「インハイ」や「ホームスチール」、「アンダースロー」など野球のなかの言葉をあらゆる視点から紐解いていく番組です。

 

 きのうの中日戦を観て、「初球」についても取り上げて欲しいなって思いました。初球と言っても色々あります。「初回先頭打者の初球」「四死球のあとの初球」「ホームランを打たれたあとの初球」「ポール際ギリギリの大ファールのあとの初球」などなど。

 

 きのうは、中継ぎで登場した近藤が、デッドボールのあとの「初球」を打たれてしまい万事休す。死球のあとは甘くなりがちですが、やはりやられてしまいました。

 

 近藤に限らず、今年はこうしたあらゆる「初球」の場面でのホームランが多いような気がします。気を付けないと!

 

 さて、きのうの試合でナゴヤドームでの今年の試合はおしまいでした。いよいよ2017年シーズンも佳境に入ってきました。ロッテは伊東監督が辞任するようです。ヤクルトはどうなるのでしょうか、不安もありますし、ちょっと腹を括ってる部分もあります。

 

 色々なことがあったシーズンですが、最後まで駆け抜けましょう。

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村