本塁打が持つ圧倒的な破壊力

 8月8日、神宮対DeNA3連戦の初戦は、ココのグラスラから始まって、哲人とリベロの2ランでヤクルトが制しました。今シーズンのヤクルトは、ホームランが少なかったのですが、主軸の3人が打ってくれると試合にも勝てるというもの。気持ちの良い試合でしたね。

 

 そういえば、気分転換で哲人は登場曲を変えたようです。

 

www.sanspo.com

 

 「ALIVE」は哲人がブレイクしたときに使っていた曲で、新鮮な気持ちで打席に向かえるなら良いんじゃないかなと思います。

 

 「ALIVE」かっこいいですよねぇ。

 

www.youtube.com

 

 哲人は、今日明日も打ってくれそうな予感がしてます。

 

 野球というスポーツにおいて、ホームランは、その得点以上の価値があります。まず、野球にとって重要な「流れ」を変えることができる。また、その場を制して、支配することができる。目に見えない部分に大きな価値があると思います。

 

 バレンティン、哲人、リベロとようやくホームランが期待できる状態になりましたが、下位打線もどんどん狙って欲しいですね。とくにムーチョは最近、良いスイングをしているし、タイミングがもうちょっとハマればスタンドインしそうなので、期待してます。

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村