契約最終年の成瀬はどうなってしまうのか問題

 2015年にFAでロッテからヤクルトに移籍した成瀬善久。今年は、3年6億と言われる複数年契約の最終年とされています。

 

 成瀬は、名門横浜高校を卒業後、2004年に千葉ロッテマリーンズに入団しました。2006年から頭角を現し、翌07年には16勝1敗の好成績を挙げました。この07年と09年〜12年までの4年間、計5年間で二桁勝利を記録し、いつしかロッテのエースと呼ばれるようになりました。

 

 上記の実績を引っさげて、成瀬は2014年オフにFAでヤクルトに移籍しました。FA行使の裏には、横浜高校の後輩である西武の涌井がロッテに移籍したことや、それによる球団・首脳陣からの冷遇があったと言われています。

 

 個人的な見解ですが、成瀬はロッテに引き留めて欲しかったのだと思います。「エースとして、君の力が必要だ」この言葉が聞きたくて、成瀬はFAを行使したんじゃないかなと。だけど、ロッテは最後まで、慰留を求める姿勢を出さなかった。

 

 ヤクルトに移籍した成瀬ですが、この3年弱でわずかに6勝。今年に限って言えば、未勝利どころか、登板もまだ10試合しかありません。8月6日には、ローテーションを守る原樹理が右背部の張りで登録抹消されましたが、二軍から梅野を呼ぶようです。本来なら、成瀬が先発してもおかしくない状況ですが、それでも使ってもらえません。今年は、契約最終年。成瀬はどうしてヤクルトで活躍できないのでしょうか。僕は、2つの原因があると考えています。

 

 球団が移籍してきたエースの扱い方を分からなかった

 

 FAで他球団のエースを獲得するというのは、ヤクルトにとって初めての出来事でした。移籍の際に、成瀬は「何年も二桁勝利をしているのを評価してもらった」と語っていました。直近の2年間は、9勝、6勝とイマイチな成績だったにも関わらず、過去の実績を持ち出してきたのです。このコメントを聞いたとき、成瀬はプライドがあるんだなと思いました。

 

 ピッチャーとは、エースとは、ある意味で身勝手な生き物です。野手とは違い、1人の力で白星を得ることができてしまう。そこには、物凄い意地であるとか、プライドがあるのだと思います。移籍当初、確かに成瀬は結果が出ませんでしたが、それでもヤクルトは、成瀬にチヤホヤして気持ちを乗せて、気持ちよく活躍できる舞台をお膳立てしてやるべきだったと思います。

 

 二軍で調整ならまだしも、中継ぎに降格し、ロングリリーフから左のワンポイント起用になり、去年のマリンではわずか1球でお役御免となりました。また、トークショーではつば九郎が「もどそうか?」と茶化したりもした。この3年間で成瀬のプライドはズタズタです。もうモチベーションが上がることはないのかなと思います。

 

 成瀬も精神的に大人にならないと

 

 FAで移籍してくる選手に対して、球団は最大限の誠意を見せるものです。それは、年俸もそうですが、背番号でも同じです。ヤクルトは、2009年に相川亮二を獲得したときには、古田敦也が付けていた準永久欠番である背番号「27」を差し出しました。相川は「恐れ多い」と固辞し、「2」を選びました。また、大引啓次に対してはミスタースワローズの象徴である栄光の背番号「1」を提示。これも同じ理由で誇示され、大引は同じく背番号「2」を選びました。別にヤクルトは、「27」も「1」もどうでも良いなんて思っていないと思います。相手が断ることを知ったうえで、差し出す大人の社交辞令なのです。

 

 しかし、 成瀬は球団から提示された背番号「17」を受け取りました。もちろん、ロッテ時代も「17」だったから別に良いのかもしれないのだけど、ヤクルトからすれば「17」は松岡弘川崎憲次郎などが付けたエースナンバーなのであるから、一度は断るべきだったんじゃないかと思います。形だけでも。ソフトバンクから巨人に移籍した杉内俊哉も提示された「18」を受け取ってしまいました。巨人の「18」も桑田真澄堀内恒夫が付けたエースナンバーです。しかも、生え抜きの右腕が付けてきた歴史もある。本来なら球団は菅野に与えたかったでしょう。これも断るべきだったと思います。それが、大人の社会というものだと思うのです。

 

--

 

 プロ野球のエースと言えども、なんでも思い通りにはいきません。我慢しなきゃいけないこともある。成瀬は、ロッテを出たときから、思ったように行かずに苦しんでいると思います。しかし、世の中にはプライドよりも大事なものがあると思います。残り2ヶ月。なんとかして生き残って欲しい。目の前のことを必死にやるしかないし、去年ヒーリーインタビューで語った「やっぱり先発っていいですね」をもう一度聞かせて欲しいです。

 

 成瀬は、間違いなく良いピッチャーだと思います。ロッテ時代から、いい選手だなと思って見ていました。彼がヤクルトに来たときはとても嬉しかったです。あの輝きをもう一度見せて欲しい!

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村