川端慎吾がいるといないで二番打者の役割は大きく変わる

 きのうはカープ相手に大敗を喫してしまいました。負けはしましたが、1点を取って一矢報いることができましたし、三連戦で一つ勝てたことは非常に大きいと思います。また、いま大注目の奥村や山崎は相変わらず元気でいいですね。

 

 ところで、戸田では川端慎吾が試合に出なくったどころか、軽めの練習に切り替えたという情報が入ってきました。もしかしたら腰の状態が良くないのかもしれません。

 

 慎吾は今シーズン何度も復帰報道がありましたが、ことごとく予定が遅れています。僕もそうですが、来年の開幕を万全で迎えられるように手術して欲しいと思っているファンは少なくないと思います。

 

 「2番川端」は真中ヤクルトの要です。リードオフマンが出塁さえしてくれたら、慎吾がノーアウト1塁3塁の場面をつくってくれます。最悪でも1アウト2塁の進塁打。あとは、山田哲人バレンティン、雄平、畠山と後続がいますから、最低でも1点。上手く行けば大量点が期待できる。この超攻撃的な布陣こそ、セ界の火ヤク庫の正体です。

 

 しかし、慎吾がいない場合2番打者には堅実な仕事が求められます。安打を狙いつつ最低でも進塁打というのは相当な技術がいるので、どうしても犠打になる。それはそれで、野球の作戦としては定石ですが、慎吾がいることによる1番打者を出せないというピッチャーに与えるプレッシャーや、3番〜6番まで気を抜けない布陣というのは、下位打線にも好影響をもたらします。

 

 そういうわけで、慎吾は絶対に必須の選手なのですが、いちばん困るのは「もうすぐ帰ってくるかも」という状態が続くことだと思います。慎吾がいるといないで作戦が大きくわかりますので、チームカラーもブレてしまう。慎吾アリでいくのか、慎吾ナシなのかをハッキリしないととても中途半端なチームになってしまうんですよね。それくらい川端慎吾という選手の存在は大きいと思います。

 

 今シーズン、無理に慎吾を起用する必要性は無いですし、他の選手の復帰もまだまだ時間がかかりそう。ならばいっそ来年の開幕を気持ちよく迎えて欲しいと思うのですが…新米パパとして、選手会長として、人気選手として変に責任感を背負ってしまってないか心配です。

 

 慎吾は大切な選手なので、ただ復帰するだけではダメだと思います。万全で復帰してくれないと困る。腰の状態がどうなのか知る良しもありませんが、まだまだ現役は続くので、ここでしっかり不安を解消して欲しいですよね。

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村