獅子に翼

 きのうは仕事で朝は地方に行っていたのですが、早起きして東京に戻ってきて神宮に行ってきました。

 

 クラブハウスでは、試合前に選手会による九州北部豪雨災害の復旧支援のための募金活動が行われていました。僕も一応九州には縁がありまして、特に甚大な被害が出た朝倉市にもお世話になったことがありますので、これはぜひと思って並ばせてもらいました。

 

 列に並んで角を曲がるとビックリ。

 

 そこには山田哲人の姿が。

 

f:id:t_itoh20:20170721224350j:plain

 

 チームは大型連敗中で、自分自身も不振に苦しむんでいるなか、直接ファンと触れあえば、嫌味の一つも言われてしまいそうなところで、ミスタースワローズとして、募金活動を行なう姿に頼もしさを感じました。

 

 哲人のオーラに圧倒されて小銭から札に速攻で変えたよね^^;

 

 藤井ちゃんとムーチョもご苦労様でした。

 

 きのうもとにかく暑かったですね。

 

f:id:t_itoh20:20170721224703j:plain

 

 きのうは、まず打順がとても興味深かった。ちょっとおさらいしてみましょう。

 

 1二 山田

 2右 上田

 3中 坂口

 4左 バレンティン

 5一 武内

 6捕 中村

 7三 藤井

 8遊 西浦

 9投 ブキャナン

 

 5番ファースト武内。もちろん相手が右投手ということもあるかもしれませんが、それ以上にリベロの受け入れ体制を始めたように思えます。哲人とグッチの打順は入れ替えることが今後もあるのでしょうが、リベロの合流をスムーズにするために、こうした打順にして役割を明確にしたのでしょう。それだけ、リベロに期待しているというか、そこに期待するしかないというか。

 

 試合は、1回の裏の哲人の打席までは完璧でした。ブキャナンが完璧に抑えて、西浦にもいいプレーが出たし、哲人は粘って粘ってライト前ヒット。「お、きょうはいいかも」と希望を持ったのですが、その後の展開は、振り返るのは止めときましょう。

 

 正直、「負」という言葉の魔力に飲み込まれてしまっていて、どうにもこうにも打開策が見えてきません。本当に何をしても上手くいかない。こちらの目論見はことごとく外れるのに、相手の目論見にはまんまと引っかかってしまう。

 

 ただ、上田のエラーはあんまり責めないでやって欲しいなと思いました。あの時間はちょうど、いわゆるマジックアワーというやつで、僕も一瞬ボールが消えたように見えました。白味がかった空と、白球が一瞬同化してしまった。

 

 ムーチョと西浦は打撃が良くなってきたように感じます。ムーチョは狙い球をしっかり絞ってしぶとく打てているように見えますし、西浦はバットが振れていますね。西浦という選手は左右とか相手投手の実力とか以上に、相性に左右されるように感じます。今永や、今回の秋山は相性が良さそう。

 

 ただ、ひとつ残念に感じたのは、きのう神宮に行かれて同じように感じた人は多いかもしれませんが、リアルにお客さんが減った気がします。いや…数字は変わってないのかもしれないけど、それでも意気揚々と並んで、元気に応援する人は減ってしまった。もちろん平日だし暑かったけど、それでも少し前までは炎天下だろが槍が降ろうがお客さんがすごい並んでた。そして、活気があった。もちろん、無理に来る必要はないし、無理に応援する必要もないけど、13連敗するとこうなるのかと肌で感じました。

 

 2008年とかそれくらいの頃の神宮の雰囲気が少し出ていたような気がします^^;

 

 キツい試合でしたが、最後の最後でいい形で点を取ることができました。タイムリーなんてホント久しぶりですね。グッチもムーチョもよくやった。

 

f:id:t_itoh20:20170721230541j:plain

 

 きょうは由規が先発です。由規が不思議な力で連敗を止めてくれるかもしれない。それがダメなら、おそらく日曜日に先発するライアンが水を得た魚のようなピッチングをして勝つかもしれない。それが無理でも、来週の中日との3連戦で勝つかもしれない。そこで負けても、ズムスタで最後の最後に奇跡の勝利を掴むかもしれない。そうやって応援し続けましょう!

 

 刀折れ矢尽きるまで…いや、刀が折れようが矢が尽きようが関係ない!ずっとずっと応援しています。

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村