人は―。きょうから、運命の阪神3連戦

 47年ぶりの13連敗を喫しているヤクルト。きょうからは神宮で2位阪神を迎えた3連戦になります。万が一、このカードを全敗すると球団ワースト記録の「16」に並び、いよいよプロ野球記録が見えてきます。あの、1998年のロッテによる「18」です。

 

 なんとしてでも勝たなければなりません。

 

 人は勝手に球団を好きになり、負けると勝手に怒ります。贔屓チームが負けたところで、自分の給料が下がったり貯金が減ったりするわけでもないのに、とても悲しい気持ちになります。

 

 なぜなら、人は野球に夢を見るからだと思います。

 

 人生なんて上手くいかないことの方が多いし、自分が特別な力を持っていたらいいのに、普通のことを普通にするだけでも精一杯。みんな、それをするために汗水流してがんばっているんです。僕だって同じで、もしも自分が山田哲人だったらいいのにとか思いながら、自分にはできないことをできる人たちに夢を見る。

 

 好きなチーム、好きな選手というのは、憧れであり、自分自身なんじゃないかなと思います。

 

 生きるなかで、誰しもが辛さや大変さを抱えているわけで、そのなかの希望として、野球にしがみついている人もたくさんいる。仮に自分に誇れるものがなくたって、好きなチームは誇りたいんだ。だから、野球選手はがんばらなきゃいけいない。みんなの夢を背負っているのだから。

 

 さあ、みんなで応援してきょうは絶対に勝ちましょう!

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村