1/143以上に意味のある試合だから、どうしても勝ちたかった

 プロ野球では、よく「1/143でしかないから」という言葉が使われます。開幕戦を落としたときなど、よく聞きますね。どんなゲームもあくまで143試合のなかの1試合に過ぎないという意味ですが、僕はそんなことは無いと思います。野球は「流れ」が重要なスポーツですから、1試合のなかのワンプレーや、シーズンのなかの1試合で必ず鍵になるポイントがあります。

 

 そういう意味で、きのうは重要なゲームでした。後半戦に突入し10連敗の流れを断ち切れるかどうか。だから、浜スタに応援に行ってきました!

 

f:id:t_itoh20:20170717233150j:plain

 

 ここで勝つことはすごい大きな意味を持っていたと思います。しかし、接戦を落としてしまって非常に残念でした。

 

 両先発は、今永と原樹理。この2人は大学時代からライバル関係で、お互いが引退するまで何度も名勝負を見せて欲しいものです。

 

f:id:t_itoh20:20170717233452j:plain

 

 樹理は全体的には良かったと思います。頼もしい存在になりました。しかし、今永に2安打も許してはいけません。ピッチャーに打たれるのはよくない。また、筒香のホームランは、無理に勝負に行かなくてもよかったような気がします。先日、坂本にホームランを打たれた星くんも同じですね。スリーボールからボール球を投げる勇気を持って欲しい。

 

 きょう、強いて挙げれば西浦がよかったですね。スイングに迷いがなく、思い切りがよかったと思いますし、結果も付いてきました。下位打線に積極的にスイングしてくる打者がいることは、相手投手からすれば怖いですから、これを続けて欲しいです。

 

 悔しい試合でしたが、グッチのホームランでだいぶ救われました。

 

f:id:t_itoh20:20170717233904j:plain

 

 ありがとう、グッチ。

 

 まだまだ諦めてはいけない。がんばりましょう。

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村