トラックマンは、なぜ重要なのか

 テレビ朝日系列で放送された今年のオールスターでは、トラックマンによる分析データが紹介され、大変話題になりました。

 

 トラックマンは、軍事技術から生まれた装置で、バッターの打球やピッチャーの投球を瞬時に分析し、打球速度、回転数、打球角度などを数値で表示することができます。

 

 トラックマンがなぜ革新的で重要なのかと言えば、これまで球のノビやキレというものは、感覚的に語られることが多かった。例えば、ピッチャーの場合は、実際に打者を打ち取るためには、スピードガンの球速よりも、球のキレが重要なんてことはよく言われますが、では、球のキレとは何かは見た目のイメージでしかありませんでした。

 

 トラックマンを導入すれば、これまで感覚的に語られていた部分を数値化し、サイエンスすることが可能になり、数字で語ることができます。指導者は選手に「打球速度をこのくらいにして欲しい」「回転数をこれくらいまで上げるように練習して欲しい」と数値目標を挙げられるので、とてもわかり易くなりますね。

 

 前に、ある大学教授と話したとき、面白い話を聞きました。大昔から、おにぎりはたけのこの皮で包むことが多いですが、実際に成分を分析してみると、たけのこの皮には殺菌作用があったそうです。「おにぎりはたけのこの皮で包む」というのは昔からある文化でしたが、そこがサイエンスされ、エビデンス(根拠)が加わったわけです。こうしたアカデミックな研究に限らず、ビジネスでも、スポーツでも「サイエンスする」という行程は非常に重要です。

 

 球のノビ、キレを上げるためにはどうするべきか。これまでは、ピッチャーは走り込みが重要、腕は思い切り振れなどと共通して言われてきましたが、回転数などの数値を上げるためのもっと効果的な練習方法が考案されるかもしれません。選手は数値という明確な目標を持って練習することができるのです。

 

 またトラックマンは、選手の疲労度合いを知ることや、故障の原因の究明などにも応用できるそうです。ヤクルトは費用面の問題で、導入を躊躇しているそうですが、いちばん必要なチームなんじゃないかと思います。

 

 先程も書きましたが、スポーツだけではなくビジネスの分野などでも数値化する、サイエンスするという動きは主流になってきています。そして、数字で語る文化がある組織(会社など)は大抵上手くいっています。

 

 こういうのも時代の流れだなあと感じる今日このごろです。

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村