前半戦を総括したいと思います(気が重い

 さてさて、オールスターも終わりまして、いよいよプロ野球も後半に突入していきます。オールスター休みもきょうで最後。短かったですが、ヤクルトナインにとって良い休暇になったことを祈るばかりです。そういうわけで、前半戦の総括をしたいと思います。

 

 ペナントレースで、予想外だったのはカープの首位です。前年の優勝の疲れと、黒田の離脱で落ちると思っていましたが、去年よりも強い印象。走攻守においてバランスが良いですね。地力があるということでしょう。阪神と横浜は予想通りというか、特に横浜は順位こそ阪神より下ですが良さそうに見えます。金本監督は、ストレオタイプのアニキですが、現代っ子の若手選手相手に求心力を発揮しているのは、個人的には予想外だし、素直にすごいなと思います。

 

 巨人は、森福、陽、山口という補強が良いとは思わなかったし、高橋監督の実力を考えれば妥当かなと思います。そして、問題は最下位予想した中日よりもさらにずっっと下にいる我がヤクルトです。

 

 真中監督3年目、そして伊藤智仁コーチがチーム格に昇格して初めてのシーズンということで、普段とは違う緊張感を持って開幕を待ちました。しかし、ここまでチームが上手くいかないとは思わなかったし、大変な状態が続いています。

 

 復帰した選手もいますが、ざっと上げただけでも川端、畠山、雄平、小川、バレンティン、秋吉、大引と次から次へと主力が離脱。ヤクルトに怪我人が多いのはいまに始まったことではありませんが、今年は特にこの問題がフォーカスされて、練習環境の改善などを望む声があがりました。また、チームに「厳しさ」がないという声もありますね。

 

 春先は高投低打で、投手陣は良かったのですが、WBC帰りの哲人が不調だったり、全体的に打てない日々が続いています。前にも書きましたが、主力が離脱して、固定した打順が組めず、それぞれの役割がハッキリしないのが辛いところです。

 

 投手陣では、ブキャナンが大当たりだったのがまず良かったし、原樹理は去年とは見違えるほど良くなりました。星くんも開幕当初は中継ぎなどを経験させたうえで、先発に回し結果を出しています。智さんは先発投手を仕上げるのが得意なようです。近藤はいまは中継ぎですが、先発でもみたいなって思うピッチングをしていますね。近藤もすごく良くなったと思います。ライアンも故障で離脱するまでは、ストレートのキレが戻ったようだし、安定したピッチングを見せてくれました。

 

 打撃陣では、苦しいなかで、2年連続でグッチががんばっているし、初ホームランも出ました。藤井ちゃんもサードが板に付いてきたし、今後が楽しみですね。それから、いちばん良くなったのは上田だと思います。厳しい状況のなか、自覚が芽生えたのか「俺がやらねば」という気迫を感じます。真剣な眼差しの上田を見ることができてとても嬉しいです。

 

 さて、ヤクルトは首位と23.5ゲーム差、5位と8.5ゲーム差というかなり厳しい状況ですが、まだ60試合以上残っているし、全てを捨てるわけにはいきません。若手を起用しながらも上位を目指す必要があります。

 

 まず、7月下旬に川端慎吾が復帰できそうだという報道がありました。これまで何度も復帰報道がありながら先延ばしになってきたので、鵜呑みにはできませんが、やはり真中ヤクルトの核は「2番川端」ですから、慎吾が戻ってくるとかなり楽になります。 

 

 それまでは2番は藤井ちゃんで良いと思いますが、リードオフマンを上田にするかグッチにするかは実に悩ましい問題ですね。足を考えれば上田ですが、山田バレンティンのあとがグッチというのはなんとも。そこで期待したいのはリベロです。彼がどれくらい打てるか。またグリーンも日本のピッチャーが投げる変化球に対応できるように、焦らずしっかり練習してきて欲しいです。

 

1右 上田

2三 藤井

3二 山田

4左 バレンティン

5一 リベロ

6中 坂口

7捕 中村

8遊 奥村(廣岡)

9投

 

 とりあえず、僕としてはこんな感じのオーダーがいいかなと思います。慎吾が復帰したら、2番ですね。リベロが打つようなら哲人とココがだいぶやりやすくなるでしょう。ショートは、本来なら西浦か谷内にがんばってもらいたいところですが、調子が上がるまでは待って、ヤクルトの未来を担う奥村、廣岡に実戦経験を積ませるポジションに回してもいいでしょう。荒木は代打に残しておいた方が良い仕事する気がします。鵜久森や大松にも同じことが言えますね。

 

 投手陣では、ライアンが先発復帰ということで、小川、石川、原樹理、星、ブキャナン、山中、そして中10日の由規でローテが組めます。カツオと山中が心配ですが、内容はそんなに悪くないので焦らないで欲しいし、カツオは大ベテランですから、この先調子を上げてきてくれると思います。それから、館山は今シーズンもう一度チャンスが回ってくると思っています。チームが苦しいときこそ、頼れるのはベテランです。春先は打ち込まれてしまいましたが、もう一度チームを救って欲しい。

 

 課題である救援陣は、ライアンが抜けてしまったので、近藤、石山、ルーキで勝ちパターンを作らないといけません。救援防御率はリーグ唯一の4点台ですから、ここをなんとかするしかない。ただ、あまり酷使はできないので、山本、松岡の両ベテランがリードしていても負けていても良い仕事をしてサポートするしかありません。後半戦のキーマンはこの2人のベテランだと思います。

 

 後半戦に向けて、打のキーマンはズバリ、「2番打者」と「5番打者」だと思います。藤井ちゃんがもっと2番としての技術を身につけるか、慎吾が復帰して活躍するか。真中ヤクルトを機能させるには、2番打者が大事です。また、山田バレンティンと3番4番は役者が揃っているので、そこと強制的に勝負をせざる得なくなさせる5番打者。僕はリベロだと思います。リベロが打てば、哲人やバレンティンとはストライクゾーンで勝負せざるを得なくなるので、2人の成績も上がっていくでしょう。

 

 投手陣のキーマンは、先発ではズバリ小川です。中継ぎ転向での経験を活かし、真のエースになれるかどうか。中継ぎでは、先程も書きましたが、松岡山本の2人の働きによって、近藤石山ルーキの結果が変わってくると思います。

 

 それから、フレッシュオールスターでは、高橋奎二がとても良かったので、今年は1イニングでもいいから彼を一軍で投げさせて欲しいですね。とても貴重な経験になると思います。

 

 さあ、1つでも多く勝ちましょう。慎吾が復帰しリベロが大当たりで8月は勝ち越したらいいなと思っています。

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村