西浦と谷内にエールを贈る

 今年のヤクルトの低迷のなかで、三遊間は特に苦しんでいるポイントです。まずは、2015年首位打者川端慎吾が故障。今浪も持病があるし、大引は慢性的な腰痛があり、今年はホームランも出ていましたが現在は登録抹消となっています。

 

 そうなると、期待がかかるのは谷内と西浦ですが、どちらもポテンシャルは間違いなくあるのに、今シーズンは結果が出ていません。結局、サードは本職がキャッチャーの藤井が守り、最終戦最後のカードでショートを守っていたのは若い奥村でした。また、廣岡もいまはベンチ入りしています。

 

 こういう状況のなかで、ヤクルトは新外国人の内野手リベロを獲得。数試合の調整を挟んで、一軍に合流する予定になっています。粒ぞろいだったはずのヤクルト内野陣がこうして外国人選手を補強することになるとは、すごい誤算でした。

 

 谷内の今シーズンの成績は、打率.198で本塁打は0本。出塁率は.270となっています。西浦は、打率.129で本塁打は同じく0本。出塁率は.297と、谷内は昨年故障前、西浦はオープン戦では調子がよかったのに、不本意な成績になっていますね。本人たちも辛いでしょう。

 

 最近になって、この2人には応援歌がつくられました。

 

 西浦直亨

 

 道を切り開くため 迷わず立ち向かう

 光り輝く未来目指し 今踏み出せ

 

 谷内亮太

 

 想い込めた歌に乗せて 魅せろ亮太

 君の手で 掴み取れ勝利の瞬間を

 

 さすがツバメ軍団というカッコいいメロディと歌詞ですが、ひとつ気になったのは、この応援歌を聴いてこの2人がどんな選手なのか分からないんですよね。長打を打つのか守備が上手いのか。でも、それは別に応援団のせいとかじゃなくて、選手としての特徴を書きようがなかったんだと思うんです。

 

 よく、野球選手は一芸に秀でていることが大事と言います。なんでもできる超一流もいますが、名脇役になることも本当に大切。これをノムさんは「超二流」と表現していますし、その言葉を信じて宮本慎也さんは守備の名手となりました。打撃でもホームランはあまりないけど、大学社会人を経験しながらも2000本安打を放ったのです。

 

 野手は、それぞれの打順につくわけですが、みんな役割があるわけです。例えば、リードオフマンはとにかく塁に出ることが求められるし、走塁でピッチャーを揺さぶるのも大事。クリーンアップはランナーを返すこと、ホームランを打つことなどなど。では、この2人はどんな選手になるべきなのか、どういうプレーが求めらているのか。もしかしたら、2人のなかで、そういう意識が明確じゃないのかなと思います。

 

 今のヤクルトでは、サードのレギュラーを獲るには川端慎吾を超えないといけません。遊撃手ならば大引啓次を超えないといけない。セカンドはもっと大変で、相手は山田哲人になります。どんなにスター選手が多くても、内野のポジションは4つしかありません。その4つのうちのひとつを奪わないとレギュラーになれない。だから、どういう選手になったら使ってもらえるのかを考えないといけません。

 

 個人的にはショートにしてもサードにしても高い守備力が求められるので、人が見ていないところで努力を重ねないといけません。打撃に関しては、谷内はやはりしぶといヒットが魅力だと思うし、西浦は打率よりも意外性のある1発を打ってくれると、ヤクルト打線のなかで大きな効果があると思います。

 

 テレビで解説をしていた谷繁さんに「西浦はまだチャンスがあると思って危機感がない」と指摘されていましたが、人間はいつだって変わることができます。諦めてはいけない。何が足りないのか、何をすべきなのかを見つめ直して、再び挑戦して欲しいです。

 

 高校時代は手を付けられないほどの不良だったというダルビッシュ有。プロ入り後も喫煙騒動などを起こしましたが、2年目の2006年。交流戦でヤクルトに敗れた日から「このままではいけない。40歳で戦力外になった自分が神様に20歳に戻して戻ったと思って、ここからがんばろう」と決め、ここまでの大投手になりました。あの日に、そう感じることができなかったら、きっとダルビッシュは天性だけの短命の選手になっていたと思います。

 

 後半戦の巻き返しもそうだし、これからのヤクルトに谷内と西浦の力は間違いなく必要です。何度失敗しても諦めず、がんばってください。活躍を期待しています。

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村