侍ジャパン次期監督は稲葉で決まりそう

 今年のWBCを持って勇退した小久保裕紀監督に代わって、侍ジャパンでコーチを務めていた稲葉篤紀氏が次期監督にどうやらなりそうです。報道を見る限り、すでに大筋で決まっているようです。

 

 監督経験、優勝経験がある監督が良いっていう声は根強いと思いますが、個人的には良い人選だなと思います。

 

 かつて、野球日本代表は五輪やWBCがある度に集められる急造チームでした。合宿もせず、軽く合同練習をして、いきなり試合が始まることも多々あって、そうなると、やっぱり監督は経験豊富な人じゃないとやりようがないし、現場に近くないと選手の状態も把握できないわけです。日常的に12球団の選手のバイオリズムが把握できてる人なんていないわけですから。

 

 これは僕の考えでしかないのですが、ソフトバンクならソフトバンクをベースにして、足りない選手だけを他のチームから補強して作り上げる日本代表が一番強いと思いますし、現役の監督がやるのが勝負勘などを含めていちばん良いでしょう。でも、そんなのは日本代表とは言えないですよね。

 

 小久保監督以降、侍ジャパンは常設され、新しいステージに入りました。NPBが本腰を入れる一大プロジェクトです。これまでの急造チームとは異なり、シーズンオフに強化試合を開催して、次のオリンピック、次のWBCに照準を当ててじっくりとチームづくりをするようになりました。

 

 つまり、いきなり一流選手や日本人メジャーリーガーを集めて指揮を執るなら確かに監督経験のない稲葉氏ではちょっと不安がありますが、いまは状況が違うというわけです。野球日本代表は新しいステージに突入したのです。

 

 これまで通り、優勝経験のある監督にこだわってしまうと、かつてのWBCのように辞退の連続で迷走するのは目に見えているし、若い稲葉監督が腰を据えて、まずは2020年を目指すというのは良いことだと思っています。

 

 野球日本代表の目標は常に世界一。サッカーのように予選を突破することやラグビーのように奇跡を起こすことが目的ではありません。道のりは常に険しいですが、野球は日本の誇りです。次回大会では、今度こそ世界一の座を奪還できますように。

 

 願うはその一点のみです。人格者の稲葉なら、きっとメジャーも含めて良い選手が集まると思いますし、どんなカラーのチームになるのか今から楽しみですね。

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村