【ヤクルト】伊藤智仁のここだけの話 6月の感想

 随分前に公開されたんですが、なかなか感想を書くタイミングがなくってきょうになってしまいました。今回はさらに濃ゆい内容でしたね。

 

bunshun.jp

 

 6月8日にソフトバンク戦でプロ初登板をするも、結果が散々だったルーキー中尾に対しては、今後の糧にして欲しいという温かいコメント。そうですよね。中尾くんも将来にヤクルトにとって大事な戦力ですから、がんばって欲しいです。智さんも言っているけど、ちょいちょい良い球を投げていましたよね。

 

 それから、最近は頼れるピッチャーになってきた原樹理。フィジカルの強さもあるけれど、やっぱり自信を持って投げているのがいいのかな。先日もピッチングを観ましたが、球速が落ちないし、キレという意味では回を追うごとにどんどん増してきているように見えました。

 

 ライアンのリリーフ転向については「葛藤があった」と、やはり苦渋の決断だった様子。でも、やっぱり勝たなきゃいけないし、勝つためには仕方のないこともあります。ブキャナンが大当たりだったことと、星くんが先発でローテを守ってくれているのが大きいですよね。智さん自身も先発からリリーフに回った経験があるし、ライアンの心情は理解しているでしょう。また、ライアンの配置転換で秋吉をセットアッパーで使えると思っていた矢先の故障だったことも改めて確認できました。秋吉の離脱はすごく大きな誤算だったと思います。

 

 最近は、智さんを含めた首脳陣が批判されることが多くて、とても残念です。しかし、これだけ故障者が多いと、采配うんぬん以前の問題だと思うんですよね。とても大きな逆境ですが、あの長いリハビリを耐え抜いた不屈の精神で乗り越えて欲しいです。

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村