雄平は右有鉤骨骨折…手術の可能性もあり長期離脱へ

 ファウルを打った時にちょっと手首をひねっただけ…そんな風に思っていたのですが、都内での精密検査の結果、右有鉤骨(ゆうこうこつ)骨折が判明した雄平。報道によると、手術の可能性もあるとか。

 

 2014年にはライアンも同じ箇所を骨折し、そのときの復帰は3ヶ月かかりました。そして、ライアンはこの骨折からしばらく成績を落としただけに、とても心配です。

 

 今年の雄平は、円熟の領域に入った完璧なバットコントロールで打率3割をキープしていましたから、本当に痛い離脱になります。

 

 しかし、プロ入り後、数々の厳しい試練を乗り越えてきた雄平ですから、今回も必ず乗り越えてくれると信じています。

 

 リハビリでもっとも難しいのは、「焦らないこと」だと言います。誰だって、離脱している間は不安だし、チームにはやく戻りたいから、完全に治っていないのに練習をしてさらに復帰が遅れるというケースもしばしば。努力の人である雄平に、一旦野球は忘れてっていうのは酷ですが、まあ、なんだNintendo Switchでも買って、頭から野球を切り離していまは治療に集中して欲しいですね。

 

 がんばらないことを、がんばれ、雄平!

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村