ヤクルトがWBC最優秀外野手受賞の超大物スラッガーを獲得

 ヤクルトにすごい外国人選手がやってくる。

 

 今年開催されたWBC2017でベスト4に輝いたオランダ代表で4番を打ち、最優秀外野手賞を受賞したウラディミール・バレンティン選手だ。

 

 ウラディミール・バレンティン選手は、MLBNPBで通算209本のホームランを記録していて、2013年には1964年に王貞治が記録したシーズン本塁打55本を破り、60本の新記録を樹立した。怪我で長期離脱した2015年を除いて、NPBでは毎年30本以上の本塁打をコンスタントに放っている大砲で、MVP1回、ベストナイン2回、月間MVP4回の輝かしい受賞歴がある。

 

 背番号は「4」で決まっており、23日に調整のため出場した二軍の試合では、あの田中将大投手(ヤンキース)に投げ勝ったことがあるハンカチ王子こと斎藤佑樹投手から早速ツーランホームランを放っている。

 

 ---

 

 付き合わせてごめんなさい。

 

 ココはもう復帰できそうですね。

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村