さあ、ペナントレース再開!ヤクルトはここから巻き返しが可能なのか?

 さて、特別企画「現・有・戦・力」として、怪我人続出のなかで、期待する13人の選手にスポットを当ててきました。もちろん、他にも西浦や谷内、廣岡、ルーキや近藤、石山、ギルメットなどなど活躍を期待する選手はたくさんいますが、キリがなくなるので、最後に「ヤクルトはここから巻き返しが可能なのか?」をテーマに総括したいと思います。

 

 現在、ヤクルトはセ・リーグ最下位で借金は「14」。Aクラスに行くには横浜との6ゲーム差をひっくり返さないといけません。

 

 この休みの間、そのことについてずっと思いを巡らせていました。そして、僕なりに出した答えは、上位に食い込むだけの力はあるけれど、それをまだコントロールすることはできない。というものです。

 

 連勝したかと思えば連敗して、連敗したかと思うと楽天、日ハム相手に連勝するのがいまのヤクルトです。また、神宮では勝てるのに、ビジターになるとシュンとしてしまう脆さもあります。これが現状のヤクルトの全てを物語っているのではないかなと思います。要するに、常に安定した強さを発揮する、ということができない。

 

 ホームゲームでは17勝13敗で貯金「4」しかし、ビジターでは8勝26敗で借金「18」…安定した強さとビジターで勝つ術を身に着けないといけない。そのためには、自主性を重んじる真中ヤクルトではありますが、経験の浅い選手が多い現状では、積極采配を展開して「こうすれば勝てる」という道筋をつくってあげないといけません。真中満は2015年の優勝監督です。苦しい場面で勝ちを拾える監督だし、あの経験を活かして、若い選手たちを導いて欲しいです。

 

 さあ、ペナントレースが再開して最初の相手は横浜です。デッドボールのダメージもなんとか回復しているみたいだし、今年の哲人は横浜とは相性が良いので、ホームランを打ってもらって、感覚を取り戻してもらいましょう。そして、日曜日の試合は雄平の誕生日です。バースデーアーチが見たいですね。派手に勝ちましょう。

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村