【特別企画】現・有・戦・力⑪ 原樹理

 去年と今年で、最も変わった選手といえば、原樹理を置いて他にはいないでしょう。2015年のドラフト1位ルーキーは、昨年勝ち星に恵まれず2勝8敗。最終登板となったズムスタでのカープ戦では「言い出せなかった」と怪我を隠して出場し、結局は途中交代というかたちでチームに迷惑を掛けてしまいました。

 

 今年、キャンプを終えた樹理を見て、まずは顔つきが変わったなと思いました。人生の厳しさを知ったり、プロとしての自覚が芽生えたりしてきせいか、幼さが残る顔が凛々しくなったような印象を受けました。友だちとも話していたのですが、ベンチではロッテから移籍してきた大ベテランの大松と一緒にいるシーンをよく見ますね。何を話しているのかは分かりませんが、大切なものを学んでいるのではと思います。

 

 投手コーチである智さんも樹理の体を強さはとても評価していたし、ポテンシャルは十分なピッチャーです。あとはメンタル面だけかなと思っていたのですが、今年はしっかり成長を見せ、6月15日の楽天戦ではプロ初完投勝利を挙げました。

 

 現在、ヤクルトのローテはライアンが故障で離脱していて、カツオも調子を落としています。樹理には「自覚」を持ってもらい、自分がローテの柱になるんだ、ヤクルトのエースになるんだという強い気持ちでこれからのチームを引っ張っていって欲しいですね。

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村