【特別企画】現・有・戦・力⑥ 大引啓次

 腰の状態が良くないのか、試合には出たり出なかったりのビッキー。本来なら、西浦にもうちょっとサポートしてあげて欲しかったけれど、オープン戦での好調はどこへ行ってしまったのか、いまはファームで調整しています。

 

 真中監督は、廣岡を1軍に上げてきましたが、それでも、今現在頼れるのはビッキーです。野球の基本に立ち戻れば、セカンド、ショート、センター…いわゆるセンターラインの守備はチームにとって非常に重要です。やはりビッキーの確かな守備は頼りになります。

 

 今年のビッキーの注目ポイントは、以外にもホームランでしょう。2015年と2016年は共に5本だったのですが、今シーズンはすでに4本打っています。そういえば、去年の奉納試合でホームランを打った時に、法政大学の先輩である、えもやんから「もっとレギュラーシーズンでもホームランを狙え」って言われてましたが、それを実践しているのかもしれませんね。

 

 バレンティンやグリーンのような絵に描いたようなホームランバッターも脅威ですが、今年のビッキーのように意外性でホームランを打てる選手もまた貴重だと思います。

 

 ぜひ、今後も継続してホームランを放ち、シーズンで10本を狙って欲しい。また、この先、ビッキーにもうひとつ求めたいのは「リーダーシップ」です。選手会長の川端が故障中だし、若く経験の浅い選手が多い現在のヤクルトには、リーダーが必要です。「法政史上最高の主将」とまで言われたビッキーですから、移籍組か生え抜きかは置いといて、グイグイチームを引っ張って欲しいです。

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村