【特別企画】現・有・戦・力⑤ グリーン

 バレンティンが故障で離脱してから、ヤクルト打線に名を連ねるようになったのがグリーンです。戸田で結果を残し、一軍に昇格。これまで2本のホームランを放つなど、チームの勝利に貢献しています。

 

 2016年投手陣が崩壊したヤクルトは、元々のルーキに加えてオーレンドルフ、ブキャナン、ギルメットの新しい外国人投手を3人獲得しました。それに加えてバレンティンがいるわけですから、グリーンの出場機会は初めから限られたものになるというのは分かりきったことでした。

 

 ここから先は推測ですが、ヤクルトは即戦力として以上に、バレンティンの後釜候補としてグリーンを獲得したのではと思います。今年の山田哲人の年俸は3億5000万円。バレンティンは3億3000万円。2人合計では6億8000万円になります。この割合はかなり大きい。また、昨年オフヤクルトは中日の平田をFAで獲得する予定でした。結局は中日に残留したので、移籍は実現しませんでしたが、もし平田が来れば、バレンティンとの契約は延長できなかったでしょう。

 

 バレンティンは今年のWBCで名前も売ったし、本人のメジャー志向は今でも強いと思われます。そのなかで、年俸5000万円のグリーンを獲得し、1年間はファームで日本の野球にアジャストさせる予定だったのかもしれません。

 

 しかし、バレンティンの離脱と、グリーン本人が予想よりも早く対応できたことで、こうして出場機会が巡ってきました。ある意味、持っている選手だと思います。

 

 連敗中にチームを鼓舞したあの走塁。ベンチでは、ギルメットと共に明るく盛り上げて、ピンチになれば真っ先にピッチャーの元に駆けつける。いまのヤクルトにいちばん必要な選手かもしれません。そして、パワー抜群のホームランはやっぱりいいですね。単純にかっこいい。

 

 振り返れば、ヤクルトの歴代外国人は、ホージーにしてもラミレスにしても、プレーでも明るさでもチームを救ってきてくれました。グリーンもまた、そんな選手として期待したいです。ここから彼に求めるのは「元気」です。どんな状況でも明るく振る舞って、チームを盛り上げて欲しい!

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村