【特別企画】現・有・戦・力③ 山田哲人

 2014年日本人右打者最多安打。2015年史上9人目のトリプルスリー達成&史上初の本塁打王盗塁王の同時獲得。2016年史上初の2年連続盗塁王達成。歴代のどのタイプにも当てはまらない規格外の野球選手。それが山田哲人です。180cm76kgのスリムな体から繰り出されるホームランは人々を魅了し、今日のヤクルト人気を支えています。

 

 しかし、今年2017年シーズンは哲人にとって苦難の幕開けになりました。開幕から調子が上がらず、ホームランが出たかと思えばデッドボールを受けて、また下降。本人も「交流戦ではすごいことになる」と自信を見せていましたが、結局調子が上向くことはありませんでした(それどころか最終戦ではまたしても死球を受けてしまった。

 

 調子が上がらない、首が痛い、死球を受けて肩に力が入らない。本来なら、これだけの状態なら二軍でゆっくり調整するものです。しかし、山田哲人が背負うのはヤクルト栄光の背番号「1」です。そう簡単に休むことができません。まして、2年前の首位打者打点王も、シーズンホームランのタイトルホルダーもいないのだから。

 

 3億5000万円貰っていても、こんなにしんどい仕事はないと思います。せめて、あの恋愛報道が本当で、ささやかでも幸せな時間をオフに過ごしていることを願うばかり。これまで、14年ぶりの優勝を味あわせて貰ったり、さんざん夢を見せてもらった24歳の若者に、このうえさらに「がんばれ」と言うのは酷かもしれません。

 

 一流の選手は自分で背番号を選ぶことができます。しかし、ヤクルトの背番号「1」はどの選手も自分で選ぶことはできません。背番号が選手を選ぶのです。山田哲人は幸運なことに、ヤクルトの背番号「1」に選ばれました。そして、同時に宿命を背負ったのだと思います。

 

 山田哲人にここから期待することは「超越」することです。イチローも松井も王長嶋もみんな徹底的にマークされ、まともに勝負して貰えないなかで、結果を残し、球史にその名を刻みました。先出の選手たちにできて、山田哲人にできないということはありません。

 

 がんばれ、山田哲人。君にしかできないことがあるんだ。

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村