楽天との1点差ゲームを制して勝つという由規の圧倒的持ってる感

 2013年最多勝の小川泰弘。同年にシーズン最多本塁打を更新したバレンティン。2015年打点王畠山和洋。同年首位打者川端慎吾。そして、同年ベストバッテリー賞受賞の中村悠平。この全てのメンバーを故障で欠くヤクルトですが、今シーズン快進撃とも言える好調ぶりを見せるパ・リーグ首位の楽天と闘い3-2で接戦を制しました。これで、このカードは1勝1敗の5分に。

 

 野球界には、いわゆるスターと呼ばれる選手がいます。華があり、常に注目される選手。今のヤクルトで押しも押されもせぬスターといえば、何と言っても山田哲人でしょう。そして、もう一人のスター選手が由規だと思います。

 

 由規は、日ハムの中田、ロッテの唐川と共に「高校ビッグ3」と呼ばれ、5球団が競合した末に2007年、ヤクルトに入団しました。 2010年には当時の日本人最速記録である162km/hを記録。2011年には、故障で出場が叶わなかったもののオールスターにファン投票1位で選出されたました。

 

 由規には成績以上の魅力がある。なぜなら、由規のプレーは常に感動を呼ぶからだと思います。

 

 連敗を脱出したロッテ戦は、初回に大量得点をしつつも終盤に点を取られ、なんとか逃げ切るという決して内容の良い試合ではありませんでした。しかし、きのうのゲームは内容も良かったと思います。また、グリーンのホームランは実にパワフルで素晴らしかったし、先制点を生んだ雄平のタイムリーも実に素晴らしいバットコントロールでした。追加点のタイミングも良かった。

 

 さて、きょうはいよいよ、8試合連続二桁奪三振日本新記録を引っさげて、則本が登場します。今シーズンはすでに8勝と絶好調。普通に考えたら勝てる相手ではないかもしれません。しかし、思えば前回の4連勝も由規から始まったし、野球は何が起こるかやってみないと分かりません。

 

 楽天に勝ち越すことができれば、必ず選手たちの自信になる。そして、三振を狙ってくる絶好調のピッチャーはかならず隙が生まれ、ストライクを置きに来るはずです。 そこを逃さず打てるか。勝負を楽しみましょう。

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村