贔屓球団の選手にはオールスターに出て欲しい?出て欲しくない?

 今年は、「マイナビオールスター2017」として開催される夢の球宴。ファン投票は6月18日で締め切られ、6月26日には結果発表し、29日には選手間投票の結果も発表。来月7月3日には監督推薦を含めた出場選手が明らかになります。

 

 今年は、7月14日(金)に第1戦がナゴヤドームで、15日(土)に第2戦がZOZOマリンスタジアムで開催される予定です。

 

 僕は子どもの頃からオールスターが好きで、毎年楽しみにしています。また、WBCなどの日本代表の試合も大好きで、今年も予選を観に東京ドームに行きました。やっぱりドリームチームというのは面白いし、それに普段は別々に観戦している多球団のファンと一緒に野球を観るのも新鮮で良いものです。

 

 子どもの頃は、ただただ試合を観て、楽しんでいましたが、大人になってくると色んな事情が分かってきてしまいます。例えば、試合日程や選手の体調を考えれば、オールスターで消耗するよりも、休養して後半戦に備えて欲しいとか、そういう考えが生まれてくるものです。

 

 僕としても、いまのヤクルトの現状を考えたら、哲人も秋吉もオールスターなんて出ないで休んだ方が良いんじゃないかと思ってしまうし、逆にできればムーチョは出場して、多球団のピッチャーの球をなるべく受けて帰ってきて欲しいなんて思っちゃったりします。ヤクルトにとって有利になるように望んじゃうんですよね。

 

 みなさんは、どうでしょうか?贔屓チームの選手に休養して欲しいという意味を込めて休んで欲しいって思うのか、それともやっぱりオールスターに出て活躍して欲しいと思うのか。

 

 まあ、色々な意見があると思いますが、僕個人の結論としてはどんな形でも選ばれたら張り切って出場して欲しいということです。なぜなら、プロ野球の真髄は、子どもに夢を与えるということだと思うからです。

 

 最近は、サッカーなどに比べて、野球をやる子どもが減ってきているそうです。子どもたちは将来のプロ野球選手ですから、宝だと思うし、野球界のためにも、野球が好きな子どもに増えて欲しい。「将来の夢はプロ野球選手です」って言ってくれる子どもがたくさんいないといけないと思います。かつて、子ども時代の僕も憧れていたように、プロ野球選手は子どもたちの憧れじゃないといけない。スター選手たちが輝いてないといけないと思います。

 

 選手たちが勝敗を無視して伸び伸びと野球を楽しめるのがオールスターだと思います。名うてのピッチャーたちがストレートで勝負を挑み、強打者がフルスイングで応える。そんな夢の対決が、今年もたくさん観られますように…!

 

 そんな風に願っています。

 

応援よろしくお願いします!
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村