ここが地獄じゃあるめェし!中尾くんには思いっきり投げて欲しい

 「こんな状況で初先発を迎えさせてごめん」

 

 ヤクルトの首脳陣やチームメイトたちは皆、本日先発予定のドラフト4位ルーキー中尾くんに対して内心、こんな気持ちでしょう。しかし、下記の智さんのコメントもまた本心だと思います。

 

 「思い切って自分の持っているものを出してほしい。バッターと勝負してほしい。若い人にとってはチャンス。命まで取られるわけじゃない」

日刊スポーツ(ウェブ)2017.6.6

 

 思えば、智さん自身もルーキーイヤーの1993年。チーム状態があまり良くないなかで、ファームから呼び出され、初登板を迎えました。そこからわずか3ヶ月間で7勝、防御率0,91の大活躍をみせ、今ではプロ野球界のレジェンドの1人と呼ばれています。

 

 中尾輝(ひかる)投手は、2016年ドラフト4位でヤクルトに入団したサウスポーです。杜若高校時代は、県大会ベスト16。卒業後は、名古屋経済大学が所属する愛知大学野球2部リーグを主戦場としてきました。「2部リーグの逸材」とは呼ばれていましたが、甲子園出場や六大学出身などの華やかな経歴があるわけではありません。でも、だからと言ってプロで通用しないとは限らないし、最近のドラフトは小川淳司SDの功績もあって、非常に当たりが多いです。中尾くんもいまの流れに乗って、活躍して欲しいものです。

 

 ルーキー初登板で、相手は常勝ソフトバンク。チームは7連敗中でココが登録抹消。はっきり言って、負けて当然です。だからこそ、余計な事は考えずに、思い切って投げて欲しい。それに、ソフトバンクは初物が苦手と言うし、実際に初戦で先発したブキャナンは、6回1失点で乗り切っています。

 

 ここで結果を出せば、来週は楽天との試合があります。左腕である中尾くんが起用される可能性は十二分。勝ち負けは気にせず、自分の良さを思い切って出して欲しいです。

 

 命まで取られるわけじゃないんだから。

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村