ワークライフバランスを形成する5大要素

 最近は、「ワークライフバランス」という言葉をよく耳にするようになりました。世の中には、ワークライフバランスという社名の会社もあるくらいで、同社の小室淑恵社長によるTED(ビジネス、学術、エンターテインメント、デザインなど様々な分野の人によるプレゼンのカンファレンス)はとても興味深い内容でした。

 

youtu.be

 

 野球が好きな人たちのなかには、お金と時間があればプロ野球の試合を全部行きたいという人もいるでしょう。仕事が好きな人は、野球なんてテレビでも球場でも観てる時間がもったいない!そんな時間があるなら働く!と考えたりもするでしょう。

 

 野球は2月のキャンプインから10月のポストシーズまで非常に長い期間開催されます。一軍の試合が143試合あり、ファームも100試合以上あります。その他、公開練習や各種イベントなども加えたら、それこそ1年中楽しめると言っても過言ではありません。

 

 だから、熱狂的な野球ファンはついついワークライフバランスを崩してしまいがちです。特に野球にハマり始めた頃は、野球のことで24時間あたまがいっぱい。隙あらば球場に行きたいものだし、行かないとなんだか取り残さたような気分になりがち。犬が縄張りにマーキングするかのごとく、通い詰めて仕事や勉強が後回しになっちゃうんですよね。それは実に良くない。

 

 プロ野球には80年の歴史があり、今でも国民的なスポーツとして親しまれています。今後も100年、200年ときっと続いていくでしょう。つまり、野球は常にそこにあるのだから、逃げたりはしないし、全部を追いかけていたら前述のようにキリがないので、自分のライフスタイルと合わせて上手に付き合っていかないといけません。

 

 太く短く野球ファンをやるよりも、細く長くっていうのが大事だと思います。

 

 そこで、きょうはワークライフバランスを形成する5大要素を考えてみましょう。

 

① 仕事・学業

 

 まず、軸になるのは仕事や学校、家庭を守る主婦の場合は、主婦業ですね。野村監督はかつてヤクルトの選手たちに「人は何のために生まれてくるんだ?それは、人の役に立つためではないのか」と訴えたそうです。まさに、仰る通り。悲しいかな世の中には、生活保護を受けながら連日野球場に来るような大人もいます。仕事もせず、野球が観られて本人はそのときは幸せかもしれませんが、必ず困る時がきます。それに、自分ががんばってないのに、そんな人に「がんばれ」って応援されて喜ぶ選手はいるのかなとも思います。

 

② 家族

 

 2つ目に置きましたが、最も大切なのは家族です。世界には70億以上の人がいますが、何があっても最後の最後に自分の味方になってくれるのは、結局は家族です。仮に両親や、奥さん、旦那さんなどが自分の趣味に対して理解がなかったとしても、やはり家族を大切にする時間は同じくらい設けないといけません。人間が持つべき目標は、幸せになるっていうことだと僕は考えます。そして、人間の幸せにおいて、家族というものはかけがえのないものだと思います。

 

③ 友人・恋人

 

 人生を幸せにするためには、やはり友人を大切にしないといけません。ただ、友だちというのは難しいもので、例えば「同じ野球チームのファンだから」という理由だけでそうそう友だちになれるものではないですよね。当たり前のことかもしれませんが、価値観が共有できて、自分にとって息苦しくなく、純粋に好きだと思える人とのみ付き合うべきかなと思います。「ここが嫌なんだけど」とかそういうことが常に頭にあったままお付き合いするのは逆に失礼になってしまう場合もあるかと思います。

 

④ 自己投資

 

 1日、1週間、1ヶ月という生活のなかで、自己投資の時間をどれだけ作れたかが、人間の成長を左右すると僕は考えています。自己投資というと難しそうですが、具体的には読書をする、旅行に行く、運動をする、美術館・博物館などに足を運ぶ、映画を観る、ビジネス・ドキュメンタリー番組を観る、試験資格などの勉強をするということでしょうか。むかし、ある経営者がこんなことを僕に言ってくれました。「旅行は借金してでも行け」僕は東京で生まれ育って、若いときはあんまり旅行に行かなかったのですが、今はその意味がとてもよく分かります。自己投資の手段は色々ですが、教養を深め、視野を広げるということが大事だと思います。

 

⑤ 趣味

 

 そして、趣味です。趣味と自己投資は似ていますが、決定的に違うところがひとつだけあると思います。それは、①〜④の要素で感じるストレスを発散できるものであるべきだということです。野球場に行って大声で応援する。ツバメ軍団の故・岡田正泰団長も「球場来て、いろいろ吐き出したらいいんだ」と生前おっしゃっていました。好きなアーティストのライブに行く、カラオケに行く、鉄道の写真を撮る。ネイルをビシッと綺麗に塗ってもらう。方法は何でも良いと思います。自己満足ができて、ストレスを発散できるもの。それが趣味なんじゃないかなと思います。僕は野球が好きですが、常に野球をどうやったら最大限に楽しめるかを考えています。僕にとっての野球の楽しみは、球場で大きな声で応援する、守備もじっくり観ながら監督や選手の考えに思いを巡らせる、黄金時代のユニフォームやグッズなどを集める、たまに遠征に行く、友だちとヤクルトの話をする、ツイーターやブログで自分の考えを書いたり、人の考えを見聞きしたりするということです。趣味なんですが、どれも全力です。ただ、それはワークライフバランスを崩さない範囲でっていう自分流のルールがあります。

 

 いかがでしょうか。上記が僕の考えるワークライフバランスを形成する5大要素です。どれか一つがあまりにも大きくてもいけないと思います。豊かで幸せな人生をつくるために、たまにはちょっと足を留めて、自分の生活を見つめ直すのも良いことだと思います。

 

面白かったらクリックお願いします
1日1クリック投票できます♫

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村