ナゴヤドームに行ってきた! 〜前編〜

 4連勝のあと4連敗。気付けば最下位ドラゴンズに0.5差まで迫れてしまいましたので、こうしちゃいられねぇ!ということで、新幹線に飛び乗りました!

 

 いや、もっと前から宿も新幹線も抑えてたろ。

 

f:id:t_itoh20:20170527204416j:plain

 

 前に、最寄り駅から球場までの距離って大事っていう話をしましたが、ナゴヤドームもちょうど良い距離がありますよね。近すぎず、遠すぎず、徐々にテンションが上っていく感じ。

 

f:id:t_itoh20:20170527204526j:plain

 

 この時間もしあわせなんだ。

 

 初戦は、樹理が好投しながら悔しい逆転負けを喫してしまいましたが、きのうの先発はライアンでした。おそらく、ライアンはあんまり調子が良くなかったんじゃないかなと思います。制球に苦しんでいたし、あんまりストレートが走っていないように見えました。球速もいつもより遅くて140km/h前半。

 

 しかし、悪いときは悪いなりに投げられるのがエース。きょうはスミイチになってもおかしくないぞと途中で思うくらいきちっと投げていましたね。流石だと思います。

 

 攻撃陣は初回にワンヒットでチャンスをつくり、ツバメ軍団はいきなりの夏祭り!ここで連敗を止めるんだ!っていう強い意思を感じる「奇襲」に大盛り上がり。しかも、ちゃんと1点入って先制できました!

 

f:id:t_itoh20:20170527204842j:plain

 

 きょうは雄平にとっては災難な日でしたね。内野ゴロで駆け抜けたときに、おそらくは足を捻ったようで守備前に1回目の治療。その後、外野守備の合間でも、ずっと足を伸ばしたりして気にしていました。痛々しかった。

 

 その後のバレンティンの打席のときは、状況的にラクに盗塁させてもらるはずなのに、雄平は走りませんでした。いや、走れなかったのでしょう。長谷川晶一さんの本に、若き日の岩村明憲が、宮本慎也から「捻挫くらいで欠場するな」と言われたエピソードが書かれていましたが、雄平も四番として、また不調の哲人をカバーするためにも、怪我に屈しなかったのでしょう。素晴らしい精神力。

 

 そんな状況なのに、さらにデッドボールまで食らってしまって、今度は2回目の治療。元気な姿で出てきてくれたけど、全身筋肉とはいえ、ちょっと心配ですね。

 

 5回に追加点を奪って、きょうは行けるかなと思ったのですが、今度はライアンにアクシデントが発生。6回に背中の張りを訴えて降板してしまいました。

 

 ピッチャーが途中降板する理由は色々ありますが、マメが潰れたとか爪が剥がれた・欠けたっていうのはまだマシ。怖いのは、こういう違和感や張りを訴えるケース。明日には登録抹消されるという報道もあるし、非常に心配です。

 

 その後、スクランブル登板した近藤が不運な形で失点して同点になり、8回には石山も捕まってしまって万事休す。ついにヤクルトは最下位に転落してしまいました。

 

 うわーん。

 

 2日連続で2点を先制しながら逆転負けしてしまった。なんだか、実力とかそういうもの以上に、ツキがない気がします。でも、ツキというのは自分たちで引き寄せるものだし、まだまだ前を向いて行くしかない。

 

 さあ、明日は交流戦前最後の試合。ヤクルトの最下位は1日で十分。それでも、長すぎるくらいだわ。

 

 絶対勝とう!星くんがんばれ。

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村