5連勝ならず!しかし、野球の面白さやドラマが詰まった試合でした

 首位阪神との神宮3連戦、最終日も行ってきました!

 

f:id:t_itoh20:20170521232654j:plain

 

 まるで真夏かっていうくらい暑い週末でしたが、まだ5月なので、日陰ならなんとか大丈夫っていう感じでしたね。熱中症などみなさま大丈夫だったでしょうか。

 

 今年は土曜日が指定席で、日曜日は自由席というパターンが多いですね。でも、来月の西武戦はどっちも自由席で、日ハム戦はどっちも指定席というトリッキーなことになっているので、みなさまお間違えないようにお願いします。

 

 最近のブームは、日曜日の試合のときに、地元のお惣菜屋さんでしこたま焼き鳥とかを買ってきてみんなで食べること!すっごい安くて美味しいお店なので、コスパが最高だし、ビールにピッタリで良いんです!

 

 きのうもやりましたー!

 

 

 あ。席を使って食べてますが、これはあくまで開門後のちょっとした時間にやったことなので、あしからず。過剰な席取りはいかんと思いますし、今回も確保はしたけど、友だちが来ないなどで使わなかった席は、席がなくて困っている人たちに座っていただきました。

 

 神宮は度々、過剰な席取りが問題になります。うちわをぶっ刺して死ぬほど席を取る人たちも確かにおります。

 

 その人たちを擁護するつもりはないのだけど、自由席のときに、席を確保するのって、実はとっても大変で労力がかかるのです。僕も僕なりに、努力しています。

 

  だから、そこまで苦労して席を確保しているだけに、もし誰かが来たときのために席を大目に取っておきたいという気持ちは分かります。でも、大事なのは、試合が始まるときには、荷物置き場などにせず、必ず席を探してさまよっている人たちがいるはずなので、譲ってあげることだと思います。

 

 さてさて、試合はというと、5連勝をかけて、ルーキーの星くんがマウンドに上がりました。立ち上がりは、多少まごついた部分もありましたが、2回まで無失点で抑えたのも良かったし、バレンティンのホームランで先制できたのも素晴らしかった。チーム状態の良さが伺えます。

 

 しかし、その後2本のホームランで同点にされます。個人的には、ソロホームランで失点するのは別にいいかなって思ってるんですよね。ホームランは必ず得点になってしまいますが、ランナーが消えてリセットされるという利点もあるし、ソロはある意味しょうがないというか、事故も起きるって感じで。

 

 ここで大切なのは、強いチームは追いつかれたらすぐにまた勝ち越すということ。そして、ダメなチームは追いつくので精一杯ということです。

 

 いま、ヤクルトの状態はやはり良いのでしょう。3回ウラには、坂口が移籍後初ホームラン!

 

f:id:t_itoh20:20170521230309j:plain

 

 2004年を最後にオリックスに吸収されてしまった近鉄バファローズ。近鉄に所属したことがある現役の選手は、ヤクルトの坂口、近藤、そしてシアトル・マリナーズの岩隈だけになってしまいました(あ、あと中村紀洋も一応現役か^^;)

 

 ちなみに、岩隈が2000年入団の36歳。近藤が2002年入団の33歳。坂口が2003年入団の32歳です。ご存知の通り、岩隈と近藤は投手なので、ホームランを打つ可能性はほぼありません。残る唯一の野手である坂口が、「近鉄戦士最後のホームラン」を打つ可能性が最も高いのです。

 

 もし、今後坂口が1本もホームランを打たなければ、まさにきのうのホームランが「近鉄戦士最後のホームラン」ということになります。しかし、それでは寂しいので、ぜひ今後も狙えるときは狙って欲しいものですね(狙って打てたら苦労しないわ!っていうグッチの声が聴こえてきそうだ)

 

 試合はここから勝負のあやというか、野球ならではの面白さを出してきます。まず、星くんからルーキへの継投ですね。結局、星くんは6回1/3、130球を投げたところで交代になりました。ここからは、星くんに対する首脳陣の期待値の高さと、使いながら育てようという意図が読み取れます。

 

 「じゃあ、育成のためなら、試合を落としても良いのか」っていう意見もあるかもしれませんが、個人的にはそれはそれで構わないと思いますね。戸田でいくらがんばっても得られないものが、実戦にはあります。星が打たれようが、廣岡がエラーしようが、我慢して使うことも時には必要ではないかなと。

 

 その後、同点に追いつかれましたが、あり得ないことが起こります。敬遠の球をルーキが暴投して勝ち越されました。敬遠っていうのは、ほぼキャッチボールみたいなものですが、プロでも暴投してしまうことがあるんですよね。普段の練習ではまずしないでしょうが、本番でやってしまう。本当に野球って難しいもんです。

 

 MLBでは、敬遠の場合、申告すれば実際に投げなくても、一塁に歩かせることができるというルールを導入したようですが、これはやっぱりナンセンスだなって思います。だって、こういうドラマが起きるのだから。

 

 これで流れが変わったと思いきや、今度は9回ウラ。ビッキーが内野安打で出塁すると、代打は上田。もちろんバントをしにきたわけですが、上手いはずの上田が失敗。しかし、今度はそれをドリスがエラーして出塁。ホント、野球って分からんものです。

 

 その後、1アウト満塁で山田哲人という場面を迎えます。もし、満塁ホームランを打てば、サヨナラで、1シーズンで3度のサヨナラ満塁ホームランという日本記録が誕生する場面。哲人はあわやという大ファールを打ちますが、結局は三振。続く雄平も倒れてゲームセット。

 

 5連勝ならず、残念でしたが、野球の面白さや難しさが詰まったナイスゲームだったと思います。文句は特にありませんが、強いて言うなら、やっぱり山田哲人に打って欲しかった。もちろん、サヨナラ満塁ホームランを!

 

 僕は、年齢的に若松勉さんの現役時代を知りませんが、実際に観た池山、古田、岩村、青木などの歴代ミスタースワローズと比べても山田哲人という選手はスペシャルだと思います。でも、だからこそ、哲人にはホームランで日本記録をつくって欲しかった!それだけの選手だし、歴史の扉をこじ開ける権利のある選手だと思っています。後続で三振した雄平に「なんでだよ!」とは思いません。しかし、哲人には思います。それほどの選手だと思うし、それだけの給料を貰ってるんだから、がんばって欲しい。

 

 でも、こうした展開のなかで、「やっぱり野球は面白いな」と思いつつ、あの9回ウラ、山田哲人の打席での夏祭りは本当に楽しかったです。シビれる場面。週末は、仲の良い友だちと並んで応援しているのですが、夏祭りチャンテの間、興奮して「この場面、この試合を、ここで、君と観られて、オレは超幸せだ!!!」って話してました( ´艸`)

 

 さあ、負けはしましたが、東京ドームで讀賣に勝ち越し、神宮では首位阪神に勝ち越しました。たまに負けるのは仕方ない!大事なのは、ここからまた勝つこと!来週はズムスタとナゴドですが、しっかり勝って、借金を返済しましょう!!

 

f:id:t_itoh20:20170521232712j:plain

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村