開幕まであと3日!今年のヤクルトは強いのか!?

 さてさて、先週でオープン戦も終わって、3月31日の開幕戦まで残すところあと3日となりました。ここまで来たら、もう腹をくくるしかありません。泣いても笑っても2017年のシーズンが始まるのです。

 

 オープン戦の成績は、7勝7敗4分と珍しく勝率5割に持ち込みました。順位は7位ですが、セ・リーグでは阪神についで2位です。振り返れば、福山・広島でカープに連勝したのが大きかったですね。まあ、オープン戦の順位などあってないようなものですが、勝つのは良いことに違いありません。

 

 昨年、投壊したとまで言われた投手陣ですが、まず良かったのは星くんと新外国人投手3人です。昨年いなかった人が活躍してくれるのは、その分戦力が純増しているということなので、かなりのプラス材料。結局、オーレンドルフとブキャナンは先発ローテーションを勝ち取りました。ライアンとオーレンドルフは立ち上がりがやや不安な面もありますが、終盤戦では最小失点に食い止めました。これは評価できるでしょう。

 

 今年の開幕投手になったカツオは、とにかく絶好調。ただ、過去の成績を見ると、オープン戦で調子が良かった年は本番で白星が伸びていないので、そのジンクスを打ち崩して欲しい。石川、小川、オーレンドルフ、山中、ブキャナン、館山という先発ローテーションになりそうですが、選手層で考えるとかなり薄氷でしょう。原樹理、成瀬、由規、杉浦辺りがしっかりとバックアップしてくれないと、このメンバーだけで1年間ローテーションを守りきることは難しいと思います。ドラ1の寺島にも期待しましょう。

 

 一方、中継ぎ陣はWBCで秋吉を欠いたものの、全体的に安心して見ていられました。ルーキや平井が多少打たれましたが、開幕までにしっかり調整すれば大丈夫でしょう。石山、村中、星、ギルメットあたりを中心にして、ベテランの松岡&山哲がしっかりフォローして欲しいです。個人的には、中澤と徳山にまた輝いて欲しいですね。

 

 打撃陣は心配ないどころか、昨年よりも期待できるのではと思っています。レギュラー争いが熾烈になってきたショートは大引が良かった。坂口も大丈夫そう。何より田尾さんに「そのバッティングなら3割打てる」と太鼓判を押してもらったムーチョが頼もしい。あと、雄平も良いし、畠は心配していたけどようやく本来の打撃に戻ってきました。あとは、最近評価が急上昇している荒木、そしてレギュラーをほぼ手中に収めている西浦に期待。特に荒木は、普段はなかなか選手を名指しで褒めない真中監督が褒めていますし、「打席でよく考えている」というのは良いことです。

 

 新戦力という意味では、楽天からやってきた榎本葵が大当たり。ファームでは大松も打ちまくっています。二軍落ちした廣岡は腐るどころか翌日2本塁打とこれも良い。そこに加えて世界初の3年連続トリプルスリーを狙う山田哲人WBCイヤーのスーパーバレンティンもいるわけですから、期待値は十分。特に、バレンティンは「メジャーに行くための1年契約」とアメリカメディアに対するリップサービスだとしても、背水の陣の1年に変わりはありません。もし平田を獲得していたら、ヤクルトは契約していなかったはずですから、結果を出さないといけないし、WBCのような覇気のあるバッティングをしてくれたら必ず本塁打を量産できるはずです。

 

 成績を残さなければ予算的にも契約延長は難しいし、成績を残せばメジャー移籍もあり得るバレンティン。いずれにせよ、ヤクルトでは今年がラストイヤーになる可能性が高いでしょう。そういう意味でも、グリーンはあせらずに今年1年を使ってしっかりと日本の野球に慣れて欲しいです。彼のちからが本当に必要になるのは来年以降だと思っています。

 

 あとは、怪我をしている川端慎吾がいつ戻って本領を発揮できるのか。今浪も早く実戦で観たいです。クセのある左打者がいると、打線にバリエーションが出るものです。今年のオープン戦は彼らを欠いてしまって、それを改めて感じました。日ハムの中島や西武の源田など、相手にすると嫌なタイプだし。

 

 先日も書きましたが、今年は優勝するために必要なものは「粘り」だと思います。今年、独走して優勝できるチームは無いように見えますし、序盤調子が良いチームがあっても必ず落ちてくると思います。

 

 伊藤智仁コーチ以下、投手陣の再建に必死に取り組んだ、秋季キャンプ・浦添オープン戦でした。結果は、悪くなかったと思いますし、チーム防御率は必ず下がると思います!そして、リーグ屈指の打撃陣がしっかり打てば、行ける!必ず!!

 

 あかん、優勝してしまう。

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 東京ヤクルトスワローズ