読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年セ・リーグ順位予想

f:id:t_itoh20:20170325105043j:plain

 

 いよいよ今週末金曜日から2017年のペナントレースが開幕します。

 

 今年も、セ・リーグの順位予想を発表したいと思います!

 

 もう、いきなり結果から言っちゃいますね。理由はあとで。

 

 1位 ヤクルト

 2位 横浜

 3位 巨人

 4位 阪神

 5位 広島

 6位 中日

 

 1位 ヤクルト

 

 これはもう、当然、僕はヤクルトファンですから。ヤクルトを優勝と予想しないならば、ファンなんてできません。2015年最下位からのリーグ優勝を果たしたヤクルトですが、ロマン、オンドルセク、バーネットという勝利の方程式が消え、翌16年は投手陣に疲れが色濃く残り、ついには投壊し5位に甘んじました。打線は相変わらず好調なうえに、西浦や荒木などの台頭があるし榎本、大松などの新戦力も絶好調。バレンティンも期待できそうです。

 

 肝心の投手陣は、ドラフトで獲得した寺島、星以下計算できそうだし、何より新外国人のオーレンドルフ、ブキャナン、ギルメットがどうやら全員当たりっぽい。とにかく今年はチーム防御率を1.5点以上下げること。それさえできれば、優勝は当然射程圏内に入る。

 

 2位 横浜DeNA

 

 今年、僕が最も注目するチームは横浜です。2015年ヤクルト、16年広島としばらく優勝から遠ざかっていたチームが優勝しました。統計学的な意味ではなく、選手のメンタルの面で「俺たちにもできるかも」と好影響があるはずだし、昨年は初のプレーオフ進出も果たしました。親会社からのバックアップも強力でファンの後押しも強い。エースの山口がFAで移籍しましたが、これは若手主体の投手陣にとっては、却ってプラスなのではと思います。

 

 3位 巨人

 

 今年、巨人はFAで横浜の山口や日ハムの陽岱鋼ソフトバンクの森福などを獲得しました。大補強と言われていますが、本当にそうでしょうか。陽岱鋼や森福はセ・リーグファンのイメージになるような絶頂期は数年前の話だと思うし、山口はそこまで力のあるピッチャーかなと思います。オープン戦の成績はそこまでペナントに影響しませんが、今年のオープン戦はかなり酷い成績。ただし、キャッチャー小林のWBCでの成長と選手層などを考えて、一応Aクラスにしました。

 

 4位 阪神

 

 阪神も今年は無視できないチームです。もっと言えば、横浜の次に僕が注目しているのは阪神です。金本監督は、就任後から我慢に我慢を重ねて、髙山や北條などの若手を起用し続けてきました。また、昨年のドラフトでは11球団が投手の逸材に飛びつくなか、白鴎大学の大山悠輔を獲得しました。名前が呼ばれた瞬間、ドラフト会場では「え〜!?」という声が上がりましたが、「オレ流」を貫くのも監督の仕事。金本カラーとでも言いましょうか、こういうチームは怖いです。

 

 5位 広島カープ

 

 昨年の覇者広島は5位にしました。先日、広島カープと近しいあるプロ野球解説者の方とゆっくりお話する時間があったのですが、「投手陣に疲れが強く残っている」とのことです。これは昨年のヤクルトに似ていますね。また、黒田の引退、野村や鈴木誠也、新井がまた昨年と同じくらい活躍できるのかと言われると、どうでしょうか。そんなに簡単ではないかもしれません。

 

 6位 中日

 

 残念ながら今年も最下位予想は中日です。大島、平田が奇跡の残留と明るい材料はなくはないのですが、なんせ谷繁監督から森繁和監督に代わって1年目だし、チーム再建を託されているわけですから、森監督も初年度から優勝とは考えていないと思われます。ドラフトでは明大の柳や、日大の京田など、投打の逸材を獲得しています。数年後に勝負できるチームづくりというのが先決でしょう。

 

 総括

 

 今年もセ・リーグのテーマは「等しく弱い」だと思います。昨年の広島カープのように圧倒的な独走ができるチームがいるようには見えません。どのチームも完全じゃないなかで、いかに最後まであきらめずに粘れるか、目の前の1勝を拾えるか、交流戦でいかに負けないかが重要です。真中監督がよく選手に言う「粘り」が求められるでしょう。

 

 真中監督3年目のシーズン。「粘り」こそが、真中イズムだと思います。最後まで諦めずに闘い、また優勝の美酒を味あわせて欲しいです!

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 東京ヤクルトスワローズ