読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長谷川晶一著「プロ野球語辞典」を読む

f:id:t_itoh20:20170310100542j:plain

 

 現在、伊藤智仁本を絶賛執筆中の長谷川晶一さんが「プロ野球語辞典: プロ野球にまつわる言葉をイラストと豆知識でカッキーンと読み解く」という本を出されたので、拝読しました。

 

 最近はすっかりソーシャルネットワークや、ネットニュース、なんJなどが野球情報の主流になってしまった気がしますが、やはり紙媒体というものは良いところがたくさんあります。

 

 この本は、最近野球を観始めた初心者から、「そんなことあったよね!」と楽しむ上級者まで幅広く楽しめるようになっているのが特長。あと、ゆるいイラストの似顔絵がすんごい似てる( ´艸`)

 

 一個だけ気になったのが、野村ID野球のIDは、データが重要という意味の「Important Data」と解説されていたけれど、野村監督の自著でデータを取り込むという意味の「Import Data」と書いてあった記憶が。まあ、でも、そのへんは諸説あるのでしょう。

(ちなみに、Wikipediaでも「Important Data」になってる)

 

 我が家にも野球の古い雑誌や本があります。思い起こせば、こうした雑誌や本を繰り返し読むなかで、野球に詳しくなっていったような気がします。その知識は、もちろん有名な出来事や選手についてでもあるのですが、しょーもないトリビアだったりするのです。でも、そういう話を友だちとするのが楽しかったし、いまでも楽しい。

 

 スマホを開けば、勝手に情報が飛び込んでくる世の中ですが、かつてはそういう楽しみがあった。長谷川晶一さんは、そんな楽しみを提供してくれる稀有な作家さんなのでしょう。

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 東京ヤクルトスワローズ