真中満の鬼手

 これを書いている時点で、川端慎吾椎間板ヘルニアになってしまったり、ドラ1ルーキーの寺島が二軍に合流したりと、相変わらず怪我人がたくさん出ているヤクルト。

 

 昨年は、ぎっくり腰でほとんどキャンプで調整できなかった畠山を強引に開幕から使った結果、怪我は完治してないので休みがちになるわ、成績は散々だわの酷い1年になってしまった。慎吾は同じ轍を踏まないように、慎重な起用をお願いしたい。

 

 そもそも、内野には有望な若手選手がわんさかいるのがヤクルトだ。廣岡、谷内、西浦、奥村、渡邉などなど将来の主力候補がたくさんいる。昨年など、優勝の目がないと思った時点で、廣岡を使って欲しかったくらいだ。慎吾がいないなら、西浦なり谷内なりが穴を埋めればいいんだ。

 

 実戦に勝る経験はない。若手選手を使えば、エラーしたり凡退したりとミスもするだろうが、二軍に置いておくよりは遥かに育つ。使いながら育てるということだって、スター選手を育成する重要なプロセスだ。

 

 ベテランは怪我をして当然だし、どんどん休んでいい。その代わり、若手がその気になって、本気でレギュラーを奪いにいかなければチームは伸びないし、真中監督も若手の台頭を切望しているに違いない。

 

 今年のヤクルトの補強で「鬼手」だなと思ったのは、グリーン内野手の獲得だ。プロ野球で、一軍登録できる外国人選手枠は4つしかない。昨年、ヤクルトは投手陣が崩壊して5位に沈んでしまったのだから、外国人投手でその補強を行うのが最も手っ取り早い。だからこそ、ヤクルトは平田を獲りたかったし、獲れるものだと思っていた。平田を獲得すれば、バレンティンとの契約を延長しなくて済む。そして、外国人枠もひとつ空く。まさに一石二鳥。いや、最近のグッズ売り上げを考えれば、FA移籍してきたスター選手は人気がすぐ出るだろうし、一石三鳥だったろう。

 

 しかし、何があったのかは知る由もないが平田は獲れず、バレンティンと契約を延長。よって、4つの外国人枠のうちのひとつは、バレンティンで使ってしまう。だとすれば、せめて残りの3つは投手でといいたいところだが、ヤクルトはグリーンを獲得した。

 

 グリーンの役割はいくつかある。ひとつは貴重な左の長距離砲ということ。この記事を書いている時点ではまだテスト期間中だが、元ロッテの大松をおそらく獲得するのも、左の長距離砲が欲しいからだ。聞いてるか、武内。

 

 そして、2015年は打点王に輝きながら、昨年はフル出場できなかった畠山のバックアップだろう。畠は今年で35歳になる。また、いまのヤクルトでは珍しい喫煙者だし、この先の現役生活があまり長くはないと本人も自覚があるのか、契約更改では「もうひと花咲かせたい」と弱気とも取れるコメントをしていた。

 

 しかし、グリーン獲得の本来の目的は上記とは別なところにあると思う。外国人枠をひとつ使う覚悟までして彼を獲得したのは、西田明央を捕手として育てるためだろう。

 

 昨年、打撃が開花した西田は、中村悠平がマスクを被る試合では、ファーストを守っていた。打撃の良い捕手がファーストを守ることは、プロ野球では珍しくない。しかし、西田にはそこを目指してほしくない、そこに甘えて欲しくないというのが真中監督からのメッセージなのではないか。

 

 打てる捕手は、勝てる捕手。イチローが一人チームにいたところで、そのチームが優勝できるとは限らない。しかし、古田のような捕手がいれば、そのチームは優勝することができる。「全盛期のイチローと古田、どっちがチームに欲しいか?」と聞かれて、古田と答えない監督などいないだろう。

 

 どの球団の監督も渇望する、打てる捕手であり、勝てる捕手。「勝てる捕手」の条件は、一流のリードと一流の肩、一流の打撃。そして、狂気のような勝利への執念だ。古田敦也はその全てを持っていた。

 

 中村と西田が本気で競い合って、誰もが認めるヤクルトの正捕手になって欲しい。そして、栄光の背番号「27」を引き継いで欲しい。西田にしても、日ハムの近藤にしても、西武の森にしても、実に惜しい。どうして簡単に野手で起用してしまうのか。

 

 真中監督は若手の育成という意味でもよくやっていると思う。あとは、捕手だ。勝てる捕手を育てることができるかどうか。ここが、真中監督の真価が問われるところだ。

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 東京ヤクルトスワローズ