嗚呼、なつかしのブーテキ

 みなさんは、ブーテキというものをご存知でしょうか。

 

 かつてはよく野球場で売り子のおじさんが売っていました。口にくわえて、声を出すと、ブーブー音が鳴るんですよね。子どもの頃は、欲しくて欲しくて。よく買ってもらいました。

 

 少し調べてみると、ブーテキは、元々はカズーという名前の膜鳴(まくめい)楽器のひとつで、発祥はアフリカとのことです。このカズーをもっと簡単かつ安価にしたものが、ブーテキで、駄菓子屋さんや野球場で買うことができたのですが、最近はめっきり見なくなりました。

 

 さらに調べてみると、どうやら2007年頃に横浜球場の「ブーテキおじさん」という名物売り子が引退してから姿を消してしまったそうです。こうして、人知れず昭和が終わっていくんだなあという感じです。

 

 まあ、ブーテキってすぐに飽きるし、家で鳴らすとうるさいもんだから、奥にしまわれ、そのうちどっか行っちゃうんですよね。でも、そこがまた情緒があってなんともいいんだよね。

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 東京ヤクルトスワローズ