キャンプイン

f:id:t_itoh20:20170203082811j:plain

 

 自衛隊機の故障により空の便が混乱するなか、定刻通りにヤクルト機は沖縄に到着。今年も2月1日から、一軍は浦添で、二軍は西都でキャンプが始まりました。例年だと、第一週目は観客がほとんどいないものですが、ツイッターなどを眺めているとかなりの人が詰めかけている模様。近年のヤクルト人気が伺えます。

 

 レギュラー陣は調整すれば十分ですが、若手選手の変わり身を期待できるのが春季キャンプ。きょうは、「変わり身」という視点から考えた注目選手をピックアップしたいと思います。

 

 原樹理

 昨年のドラ1も今年は勝負の2年目。今年芽が出ないとこのままズルズル行ってしまいそうな予感もするが、ポテンシャルはライアン小川と同格でしょう。十分に二桁勝つ力がある。ストレートの球速よりもキレを磨き、球持ちを良くして欲しい。そうすればシュートも生きてくる。

 

 風張蓮

 昨年、結婚。これを機に変わり身に期待。風張は、プロにおけるコツを掴んでないように見える。経験を積んで、頭を使って投げれば、打ちとれないことはない。

 

 菊沢竜佑

 ドラ1寺島、ドラ2星は一軍で活躍できるレベルにあるのでここでは除外。菊沢は、とにかく軟式から硬式への復帰なのでまずは慣れが必要。技術習得や環境への適応などはこれまでの経験で他のルーキーよりも格段に早いはず。たゆまぬ努力で、早々にプロに対応して欲しい。

 

 高橋奎二

 今年のルーキーたちにライバル意識を燃やす昨年のルーキー高橋。去年は、怪我でほとんど投げられなかったが、登板した試合ではパーフェクトピッチングを魅せた。怪我は完治しているようだし、期待感あり。

 

 杉浦稔大

 ヤクルトのエースになれるだけの素質を持っているのが杉浦。今年は女子アナと結婚もしたし、入団以来期待され続けたローテーションの柱としての活躍を期待したい。野球に対する意識、健康管理に対する意識を奥さんと二人三脚で取り組めば、一気に変わり身する可能性はある。

 

 大村孟

 今年育成で入団したルーキーだが、大学、社会人、独立リーグと経験は豊富。プロでドハマリする可能性は否定できない。まずは、プロの水に合うかどうか。

 

 廣岡大志

 昨年はプロ初打席で三浦大輔からホームランを打つなど、次期ミスタースワローズとして期待される。山田哲人の年俸が高騰するなか、早い段階で後継者として育って欲しい。キャンプでは、守備と打率の向上が課題。

 

 山崎晃大朗

 背番号「31」を受け継ぐ2年目の俊足外野手。坂口、鵜久森などの活躍が目立つなか、生え抜きの若手選手として、比屋根や上田を追い越せるか。先輩たちに遠慮せず、馴れ合わず、ガッツでレギュラー奪取を。

 

 そういうわけで、若手選手に絞ってピックアップしてみました。その他、渡邉大樹や奥村、ジュリアス、梅野くんなどにも期待したいですね。キャンプでどれだけ手応えを掴めるか。見守りたいと思います。

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 東京ヤクルトスワローズ