1月のできごとのおさらい

1月9日(月)

ロッテを戦力外になった大松尚逸選手の獲得報道

 熱狂的なファンから「世界遺産」とまで呼ばれている大松選手。アキレス腱の怪我からの復帰を狙っていましたが、昨年ロッテを戦力外になってしまいました。報道によると、ヤクルトが浦添で形式だけのテストを行ない、入団そのものはほぼほぼ内定しているとか。

 

 怪我はほとんど治っているようですが、もはや守備と走塁では期待できないでしょう。魅力は長打力。つまり、代打での起用になりそう。大松は、左バッター。現在、ヤクルトで左の代打と言えば、今浪や三輪を連想しますが、いずれもタイプが違います。問題は、同じタイプで左の武内でしょう。また、一塁に畠を起用した場合は左のグリーンが控えに回ることになり、こちらも1枚残る。武内晋一、本当の土壇場土俵際の1年になりそう。

 

1月10日(火)

杉浦稔大がテレ東アナ紺野あさ美さんと結婚報道

 元日に二人が結婚していたことがスポーツ紙を賑わせました。紺野あさ美アナといえば、元モーニング娘にして慶応卒という異例の経歴もさることながら、広島カープの野村やDeNAの三嶋とも恋愛報道があったことでも有名です。昨年は、野村と三嶋の対決が「遺紺試合」などと言われましたが、今回はついに「紺セ」などと揶揄される事態に。背番号を剥奪された若き投手は、結婚を気にポテンシャルを発揮できるのか。杉浦や原樹理はライアンを超えるくらいのポテンシャルがあると思うんだけどなァ。

 

1月18日(水)

ヤクルトOB会で古田氏が「大型補強した年の巨人はヤクルトが潰してきた」

 昨年、陽岱鋼や森福などを獲得して大型補強をした讀賣。それを受けて、古田が真中に対してOB会で鼓舞したコメント。当時は、恵まれた監督である長嶋茂雄と、限られた人材を頭を使って駆使する野村監督という対比が本当に良かったし、実際に何度も讀賣を倒してきたのだから、素晴らしかった。ノムさんの愛弟子である、真中にもきっとできるはず。それにしても、この古田のコメント力には脱帽。実に記事にしやすい。

 

1月19日(木)

今季スローガンが「目を覚ませ! SNAP OUT OF IT 2017」に決定

 真中監督就任依頼「ツバメ◯◯」というスローガンが続いていたが、今シーズンは「目を覚ませ! SNAP OUT OF IT 2017」に決定。確かにヤクルトは、前述の杉浦や原樹理に代表されるように、ポテンシャルを発揮しきれていない選手が多いような気がします。一流どころの山田哲人だって、もっとチャンスで打って欲しい。キャンプイン初日に真中が言った「上積みがあれば勝てる」は、まさに本音でしょう。

 

1月23日(月)

秋吉亮に第2子となる次男が誕生

 前日22日、なすびに子なすびが生まれました。ちなみに1月22日はカツオこと石川雅規大先生の誕生日でもあります。

 

1月25日(水)

西浦、鵜久森など応援歌の新曲が発表される

 ついに西浦と鵜久森に応援歌ができました。しかし、特に西浦の曲は「メロディが覚えづらい」と苦情が殺到中^^;ちゃんとレギュラーを掴んで、嫌でもファンが覚えるようにがんばって欲しい。谷内や廣岡はもうひと押しがんばって、応援歌をゲットして欲しいですね。

 

1月27日(金)

山田哲人が球団のグッズ企画部長に就任

 昨年10億円を売り上げたグッズ販売に力を入れるため、山田哲人がグッズ企画部長に就任。定番グッズだけではなく、面白いアイディアでわくわくさせて欲しい。

 

1月30日(月)

自衛隊機トラブルで混乱するなか、ヤクルト機が沖縄に奇跡の定刻到着

 訓練中の自衛隊戦闘機が故障して、多くの便が欠航したり、引き返したりするなか、強運を発揮して浦添に無事到着。なんだか、今年は幸先が良いってはなし。

 

 1月は野球の話題が少ないと言われがちだけど、こうして見ると1月もけっこう色々ありました。いよいよ球春到来。今年も楽しみです!

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 東京ヤクルトスワローズ