読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノムさんの忘れ得ぬ言葉

先日、友だちとLINEをしているときに、彼が懐かしい話をしていました。 むかし、古田が東京ドームで逆転満塁ホームランを打った試合後にさ、ノムさんが「サッカーはこういう事は起こらない。これが野球の魅力」ってコメントしてたんだよね。 なるほど…。 感…

開幕から19試合消化。伊藤智仁投手コーチの取り組み

2017年シーズンが開幕して、19試合が終わりました。まだ、たったの19試合。シーズンはとても長いです。 順位など今は気にすることないですが、我がヤクルトは7勝12敗の借金「5」で5位。チーム打率は.226でこちらも5位。チーム防御率は.29…

チームが苦しいときは、若手のチャンスということ

投手陣が良くなったと思ったら今度は打撃がダメで、負けが込んでるヤクルト。特に西浦と谷内に批判が集中してますね。打率を見てみると、西浦が.125で谷内が.212と、まあ批判されるのも仕方ないか。 まあ、彼らを戸田送りにしろっていうのは理解できな…

今年、首位打者を獲れ

古田敦也。 ヤクルトスワローズ黄金時代の勝利の象徴であり、背番号「1」以外で唯一人ミスタースワローズと呼ばれた男。古田敦也が入団して以来18年間付けた背番号「27」はその功績を讃えられ、準永久欠番として、次の持ち主が現れるのを待っている。 …

まだ野球ファンがユニフォームを着て観戦していなかった時代の話

きのうは移動日だったので、野球はお休みでした。 現在ヤクルトは5勝9敗、借金4で5位です。他のチームを見てみると、広島がとにかく絶好調で15試合終わって11勝。開幕から飛ばしまくっている印象ですが、最後まで持続できるでしょうか。阪神と讀賣は…

じゃがいもが消えた世界

日本からじゃがいもが消えた。そして、世界でもほとんどじゃがいもが採れなくなってしまった。 世界は大混乱に陥ったが、じゃがいもが世界からなくなって5年…驚くべきことが起こった。なんと、太っている人がいなくなったのだ。マツコ・デラックスも渡辺直…

さよならオレたちのミスタースワローズ―岩村明憲が引退を発表

きのう2017年4月9日(日)、BCリーグ・福島ホープスは、同球団の選手兼監督兼球団代表を務める岩村明憲が今シーズン限りで引退すると発表した。今さら説明は不要かもしれないが、岩村は1996年にヤクルトにドラフト2位で入団。2000年から主力…

あと、「32」

昨年までに日米通算安打を1965本としていた米アストロズの青木宣親。WBCでは、打率が伸び悩んでいたが、MLBが開幕してからは好調を維持していて、3試合連続安打。日本時間4月7日までに、通算安打を1968本に伸ばし、大記録まで残り32と迫ってい…

いま、ムーチョが熱い

『肩は一流だが、打撃は二流、リードは三流』 これは、古田敦也が入団したときの野村監督の評価だ。「メガネの捕手は大成しない」という迷信で、ドラフトを回避されたことがある大学社会人卒でヤクルトに入団。チーム再建のために、野村監督が自らのノウハウ…

ヤクルトは弱いから―でも、それがヤクルトの野球の醍醐味でもある

旧ブログ時代に、「ヤクルトは弱いから」という記事を書いたことがあります。京セラでの阪神2回戦にきのう負けてしまったし、ちょうど良い機会なのでまた書こうと思います。 「ヤクルトは弱いから」と言っても、別に「弱いから勝つのを望むのは酷」とか言っ…

開幕カードの投手陣を振り返る

横浜DeNAとの開幕3連戦で幕を開けた2017年のペナントレース。今年は真中監督が就任して3年目のシーズンになります。就任初年度である2015年は、史上空前の混セを制してヤクルトが14年ぶりのリーグ優勝を果たしました。しかし、翌2016年は、…

2-6-2の法則

少し前に、野球選手ではないのですが、ある現役アスリートと仕事でお話する機会があり、とても興味深いことをおっしゃっていたのでシェアしたいと思います。 「2-6-2の法則というのを聞いたことがありますか?自分が真面目に努力するという前提の元ですが…

開幕まであと3日!今年のヤクルトは強いのか!?

さてさて、先週でオープン戦も終わって、3月31日の開幕戦まで残すところあと3日となりました。ここまで来たら、もう腹をくくるしかありません。泣いても笑っても2017年のシーズンが始まるのです。 オープン戦の成績は、7勝7敗4分と珍しく勝率5割…

野村再生工場・真中支店は今年も大盛況

先週は神宮オープン戦をちょっと覗いてきました。ガラガラでのんびりモードの神宮はやっぱり良いですね。 こんなツイートをしたら共感する人も多かったみたい( ´艸`) 見よ!この圧倒的2009年くらいの神宮球場感 pic.twitter.com/RHz4eyurVZ— ひで@ちなヤク…

2017年セ・リーグ順位予想

いよいよ今週末金曜日から2017年のペナントレースが開幕します。 今年も、セ・リーグの順位予想を発表したいと思います! もう、いきなり結果から言っちゃいますね。理由はあとで。 1位 ヤクルト 2位 横浜 3位 巨人 4位 阪神 5位 広島 6位 中日 1…

WBC次期監督は誰か

WBC2017で日本代表・侍ジャパンを率いた小久保裕紀監督が、準決勝の試合後「この大会に向けて、ということで(監督を)受けさせてもらったのですが、これで契約が満了だということです」と監督を続投しない旨を明言した。NPBの熊崎勝彦コミッショナーは…

世界ランク1位としての闘い

1934年(昭和9年)ベーブ・ルース、ルー・ゲーリックを擁するメジャーリーグ選抜が来日し、日本に初めて誕生したプロチーム「全日本軍」と試合を行ないました。当時、まだ無名だった弱冠17歳の沢村栄治が力投するも、日本は16戦全敗。しかし、この…

神宮球場が有形文化財に登録されたら取り壊しとか無くなるんじゃね?

先週の土曜日に、今年初の神宮観戦をしましたが、改めて神宮っていいなと思いました。これまで、他の球場もたくさん行きました。新しい球場は施設も綺麗で、広くて、ドーム球場は雨天でも野球ができますが、それでも神宮球場よりいいと思う球場はありません…

オープン戦ホークス2連戦・雑感

週末は、鹿児島と北九州でホークスとのオープン戦2連戦でした。 3月4日(土)鹿児島 9-4 3月5日(日)北九州 1-6 山田哲人と秋吉がWBCで欠場。川端、寺島、成瀬は怪我で調整中。石川館山コンビは2軍でマイペース調整しています。 まず、打撃陣では…

世界をつかもう・WBC2017開幕

4年前―2013年3月17日(日)米国・AT&T Park。 準決勝まで駒を進めた日本代表・侍ジャパンとプエルトリコ代表の試合は、8回の裏の日本の攻撃。1-3の2点ビハインドではあるものの、1アウトランナー1塁2塁でバッターは4番の阿部慎之助という逆…

真中満の鬼手

これを書いている時点で、川端慎吾が椎間板ヘルニアになってしまったり、ドラ1ルーキーの寺島が二軍に合流したりと、相変わらず怪我人がたくさん出ているヤクルト。 昨年は、ぎっくり腰でほとんどキャンプで調整できなかった畠山を強引に開幕から使った結果…

大岩 Larry 正志氏が受け継ぐヤクルトの伝統

今年でスワローズクルーが5周年を迎えました。また、新鋭デザイナーの大岩 Larry 正志氏がヤクルトのユニフォームを手がけるようになって3年が経ちました。2015年のネイビーに緑のクルーユニ、2016年のネイビーに赤のクルーユニ、そして今年は白に…

嗚呼、なつかしのブーテキ

みなさんは、ブーテキというものをご存知でしょうか。 かつてはよく野球場で売り子のおじさんが売っていました。口にくわえて、声を出すと、ブーブー音が鳴るんですよね。子どもの頃は、欲しくて欲しくて。よく買ってもらいました。 少し調べてみると、ブー…

ヤクルトの熱いリードオフマン争い

数年前まで、ヤクルトのリードオフマンといえば山田哲人だったが、2015年からさらにスケールアップし、今ではヤクルトどころか、侍ジャパンでも主軸を任されるようになった。 昨年は、オリックスを自由契約になった坂口智隆が加入し、登録抹消されること…

竹下真吾はアマチュア時代の輝きを取り戻せるか

真中満監督が、「アルファポリス電網浮遊都市 」のなかで連載している真中流マネジメント第11回で興味深いコメントをしていました。 2軍の空気を変えるために取り組んだのは、「こちらからあれこれ教えないようにする」ということです。とくに、ルーキーの…

キャンプイン

自衛隊機の故障により空の便が混乱するなか、定刻通りにヤクルト機は沖縄に到着。今年も2月1日から、一軍は浦添で、二軍は西都でキャンプが始まりました。例年だと、第一週目は観客がほとんどいないものですが、ツイッターなどを眺めているとかなりの人が…