来年は誰の応援歌がつくられるのかな

 今年もそろそろ終盤。故障者が続出したシーズンでしたが、それは同時に若手にとってはチャンスとなった1年でもありました。

 

 若手が出てくると、汎用応援歌が増えます。相手が右投手の場合、左打ちの選手が多く起用されますが、9人中3人が左汎用応援歌である、でんでんマーチなんていうのも珍しくありませんでした。来年には何人かの選手に応援歌がつくられることでしょう。

 

 まず、間違いないのは山崎晃大朗ですかね。昨年の非力さが消え、シュアなバッティングを見せてくれるようになりました。まだまだ経験値不足は否めませんが、間違いなく今後ヤクルトの中核をなす選手になっていくでしょう。日大出身、背番号「31」、外野手ですから、ぜひ今季限りで退任する真中監督の応援歌を流用して欲しいものです。

 

 次に、藤井亮太もつくって貰えそうですね。「想い込めた歌に乗せて魅せろ亮太」なんて曲が既にありますが、それは谷内の応援歌なので、藤井ちゃんは藤井ちゃんで忍者っぽい感じの曲がいいなあと思います。

 

 それから、奥村展征も今年飛躍した一人ですね。守備にまだ不安がありますが、今年は菅野から初安打を奪ってから活躍の頻度が増して、来年も期待できる選手です。奥村のストーリーを汲んだような曲になるんじゃないかなあと思います。

 

 とりあえず、この3選手は手堅いところかなと思います。あとは、監督が誰になるかによって、懐かしい応援歌が歌えるので楽しみですね。でも、万が一ミューレンになったらバレンティンと同じ曲を1−9で2回もやることになるのか^^;

 

 今年はマリンの二次会でしか慎吾の応援歌が歌えなくて残念でした。来年は慎吾や畠の応援歌をいっぱい歌えますように。

 

共感できたら応援お願いします
1日1クリック投票できます♫

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村